ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDSスマホの中でも高価格帯に分類されるHuawei p10とASUS Zenfone4を比較していきたいと思います。

以下がHuawei p10とASUS Zenfone4のスペック表になります。

p10 zenfone4 スペック表

赤字がそれぞれのスマホの優れている点になります。なお、赤字以外の部分はスペックがほぼ同じと考えて問題ない部分なので、今回の比較では割愛します。

比較①:CPU

Huawei p10のCPUがKirin960のオクタコアであるのに対し、ASUS Zenfone4はSnapdragon660のオクタコアなので、p10の方がやや優れています。

ただ、どちらも高性能なCPUであることにかわりはありませんので、ネットサーフィン、動画視聴程度であればまず差は出ないはずです。

正直なところ、スマホのCPUにここまで高レベルなCPUは必要ないんじゃないかなというのが個人的な感想です。

場合によっては、処理速度が「ノートパソコンのCPU≒p10やZenfone4のCPU」ですからね(笑)

くまおくまお

要するに、かなり高性能なCPUが使われているってことだな(メモメモ)

比較②:RAM

Huawei p10のRAMが4GBであるのに対し、ASUS Zenfone4のRAMは6GBなのでzenfone4の方が優れています。

ただ、これも僕自身の個人的な感想ですが、スマートフォンで6GBのRAMは過剰な気がしてなりません。

例えば、価格.comのノートパソコン人気売れ筋ランキングに入っている「HP ×2 210 G2」でもRAMは4GBしかありません(笑)

ノートパソコンと同じもしくはそれ以上のレベルのメモリを求めている人が果たして日本にどれだけいるのか少し疑問が残るところです。

要するに、Zenfone4の方がRAMは優れていますが、p10のRAM4GBでも大多数の人にとっては十分であるということです。

くまおくまお

RAMについては、実質引き分けってことか。

ペンドラペンドラ

大体の人にとってはそう思ってもらって問題ないと思うよ!

比較③:サイズ・重量

Huawei p10のサイズが約145.3×69.3×6.98mmであるのに対し、ASUS Zenfone4のサイズが約155.4×75.2×7.5mmなのでp10の方が持ちやすいといえるでしょう。

当サイト内の他のDSDSスマホ比較ページを見ている人は既にわかっていることと思いますが、p10とZenfone4のサイズ差はディスプレイのサイズが異なることが主要因なので、持ちやすさを重視するか、ディスプレイのサイズを重視するかによって評価が変わってきます。

また、p10の重さが約145gであるのに対し、Zenfone4の重さが約165gなので、20gほどp10の方が軽いことがわかると思います。

スマホでの20gは持った時の感じ方に影響を与える重さになりますので、この点はスマホを選択する際の重要なポイントとなってくるでしょう。

比較④:ディスプレイ

Huawei p10のディスプレイが約5.1インチであるのに対し、Zenfone4は5.5インチなので、Zenfone4の方がディスプレイは大きいということになります。

また、Zenfone4ではZenfone3と同じようにGorilla®Glassという強化ガラスを採用しているので、Zenfone4の方が衝撃に強いということになります。

インチ数についての説明ですが、5.5インチのスマホだと、両手での操作もしくは手の大きい男性の片手での操作でないとスマホをいじるのが少し厳しいです。

現に僕は5.5インチのスマホを使っていますが、手はかなり大きい方にも関わらず、少し使いづらいというのが正直な感想です。

なので、「どうしてもディスプレイは5.5インチじゃなきゃ嫌だ!」という拘りがないのであれば、p10の方がオススメです。

くまおくまお

手の大きい人、両手使いの人以外はp10の方がオススメっと(メモメモ)

比較⑤:カメラ

Huawei p10のアウトカメラが、1,200万画素のカラーセンサーと2,000万画素のモノクロセンサー搭載であるのに対し、ASUS Zenfone4のアウトカメラは1,200万画素のカラーセンサーと800万画素の広角レンズを搭載しているので、正直なところ一概にどちらが優れているといえない状況です。

単純な画素数でいえばp10の方が優れていますが、対するZenfone4は広角レンズを搭載しているので、通常の撮影範囲よりも広角な写真を撮影することができます。

また、暗いところで写真を撮影する時に重要となるF値はp10が2.2であるのに対し、Zenfone4は1.8なので、Zenfone4の方が暗いところでの撮影には適しています。

くまおくまお

暗いところでの撮影って具体的にはどんなものをイメージすればいいの?

ペンドラペンドラ

夜景をイメージしてもらうとわかりやすいかな!

p10とZenfone4の公式ホームページを読んでいると、カメラの機能については明確に違いがあるように思えます。

どのように違うのかというと、p10はポートレート写真(人物を中心に置いた写真)に力を入れているのに対し、zenfone4では風景写真に力を入れているように思えます。

なので、自分が撮影する写真がどちらなのかを1つの判断基準としてカメラの良し悪しを決めるのが良いかもしれません。

比較⑥:Bluetooth

Huawei p10がBluetooth4.2であるのに対し、ASUS Zenfone4はBluetooth5.0なのでZenfone4の方が優れているといえます。

くまおくまお

Bluetoothの4.2と5.0って何が違うの?

ペンドラペンドラ

4.2の時よりも、より省電力化され、より高速通信が可能になり、より通信可能距離が長くなったんだ!

凄くざっくりといえば、4.2の時よりもすべての機能がパワーアップしたと思ってもらえばいいと思います。

なので、スマホで音楽を聴きながら通勤・通学している人にとっては重要なポイントとなり得ると思います。

比較⑦:対応バンド(4G)

Huawei p10の対応バンド(4G)が合計16バンドであるのに対し、ASUS Zenfone4の対応バンド(4G)は合計9バンドなので、p10の方が優れています。

しかし、国内で使用する上ではどちらのスマホも大差ないと考えてもらって大丈夫です。

くまおくまお

どうして国内での使用では大差がないの?

ペンドラペンドラ

国内でメインとして使われているバンドにはp10もZenfone4ももれなく対応しているからだよ!

では、どこで差が出てくるのかというと、海外に行ったときに差が出てきます。

例えば、p10のみ対応しているBand4についてですが、これは北米でよく利用されている周波数帯になるので、北米に旅行に行ったときにはp10の方が電波がつながりやすいということになります(もちろん、現地のSIMカードを挿入する必要がありますが)。

レビュー・口コミは?

p10のレビュー・口コミ

男性男性

基本的にサクサク使えて満足度の高いスマホです。カメラがとても良さそうだったのでp10に買い替えたのですが、とてもキレイでビックリしました。ゲームにはあまり向かないCPUが使われているとのことですが、基本問題なく動いています。しかし、ゲームによっては動きがカクカクしてストレスが溜まることもあるので、その点は気を付けたほうが良いかもしれません。

p10については、高価格帯のDSDSスマホということもあり、高性能であることが口コミからもわかります。特に、カメラについては評価している口コミが多く、悪い評価の口コミはほとんどありませんでした。

一方で、以下のような口コミもありました。

女性女性

基本的な性能についてはどれも満足のいく水準です。しかし、1点だけ難点があり、バッテリーの消費が予想以上に速いです。私はスマホゲーム等電池を消費する作業をよくするのですが、私のような使い方だと充電が丸一日持ちません。充電持ちを気にする方は注意が必要だと思います。

他にも、「充電持ちが思っていたよりも良くなかった」といった口コミが多数ありましたので、その点は気を付けたほうがよさそうです。

Zenfone4のレビュー・口コミ

女性女性

価格の割にレスポンスと処理能力が高く非常に満足しています。また、カメラについても素人が使うには十分ですし、広角レンズの切り替えができる点もGoodです。

Zenfone4の口コミについては、レスポンス、処理能力の良さを評価しているものが多数ありました。また、広角レンズのカメラがある点について評価している人が多かった印象です。

もう一つ口コミを見ていきましょう。

男性男性

レスポンスも良く、特に不便を感じるところはありませんでした。ただ、画面サイズが5.5インチと大きいため、女性には不向きなサイズであるといえるでしょう。

やはり、ディスプレイサイズが5.5インチと大きいため、手の小さい人が片手で操作するのは難しいようです。

最後に、もう1つ口コミを見てみましょう。

女性女性

完成度は文句なしの一品です。しかし、価格と性能のバランスの良さでいえば、Zenfone3の方が高かったように感じます。そこまでスマホに高性能を求めていないのであれば、Zenfone3の購入を検討してみたほうが良いと思います。

Zeonfone4の口コミで意外なほど多かったのが、Zenfone3との比較です。

Zenfone3はDSDSに対応していて、かつ価格の割に高性能で評判の高かったスマホです。

そのため、以前Zenfone3を利用していた人がZenfone4に乗り換えると、「Zenfone4は高性能で良いんだけど、Zenfone3があの価格であの性能だったことを考えるとなー…」となってしまうようです。

まとめ

今回はHuawei p10とASUS Zenfone4の比較をしてきました。

以下にp10を使った方がいい人、Zenfone4を使った方がいい人をまとめましたので、参考にしてください。

p10を使った方がいい人

  • 操作しやすいスマホを使いたい人
  • ポートレート写真をよく撮る人
  • 海外旅行によく行く人

Zenfone4を使った方がいい人

  • 大きいディスプレイのスマホを使いたい人
  • 風景写真をよく撮る人
  • スマホをよく落とす人
  • 通勤・通学等でBluetoothを使っている人

なお、今回の比較を見て「こんなハイスペックなスマホじゃなくて大丈夫かな」と思った人は、もう1ランク下のDSDSスマホについて、「【比較】Huawei novaとZenfone3はどちらがオススメ?」で比較していますので、よければご覧ください。

※HUAWEI p10について1点注意点ですが、p10 liteはDSDSスマホでないので購入しないようにしてください!

※Zenfone4についても1点注意点ですが、Zenfone4 MaxやZenfone4 Selfie ProはDSDSスマホでないので購入しないようにしてください!