ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDSスマホの中では低価格帯に属するg07とzenfone3を比較していきたいと思います。

以下がg07とzenfon3のスペック表になります。

g07 zenfone3 比較表

赤字がそれぞれのスマホの優れている点になります。なお、赤字以外の部分はスペックが同じと考えて問題ない部分ですので、今回の比較では割愛します。

比較①:価格

Covia g07の価格が17,800円であるのに対し、ASUS Zenfone3の価格は37,800円なので、価格についてはg07の方が安いです。

価格差も2万円と大きな金額なので、この点は決定要因として大きく影響しそうです。

以下の比較項目に2万円の差があると感じるか、感じないかによってどっちのDSDSスマホを選択するか決めると良いと思います。

比較②:OS

Covia g07のOSがAndroid7.0であるのに対し、ASUS Zenfone3のOSはAndroid6.0なので、OSについてもg07の方が優れています。

くまおくまお

Android6.0と7.0って何が違うの?

Android7で追加(強化)された機能については、「Android7でできるようになったこと!」でまとめていますので、よければご覧ください。

比較③:CPU

Covia g07のCPUがMT6750Tのオクタコア(4×1.5GHz、4×1.0GHz)であるのに対し、ASUS Zenfone3のCPUはSnapdragonのオクタコア(8×2.0GHz)なので、CPUについてはZenfone3の方が優れています。

くまおくまお

CPUの違いってあまりわからないんだけど、どういう場合に違いが出るの?

ペンドラペンドラ

たくさんのデータ処理が必要になった場合に、処理速度に差が出るよ!

g07のMT6750TとZenfone3のSnapdragonを比べた場合、Snapdragonの方がより優れています。また、クロック数もg07が「4×1.5GHz+4×1.0GHz」であるのに対し、Zenfone3は「8×2.0GHz」なので、Snapdragonの方がより優れています(一般的にクロック数[Hz]は値が大きいほど優れている傾向があります)。

そのため、データ処理を多く必要とするアプリ等を使用している場合には、Zenfone3の方が良いといえるでしょう。

比較④:サイズ

Covia g07のサイズが152×75.6×7.9mmであるのに対し、ASUS Zenfone3のサイズは146.8×73.9×7.69mmなので、Zenfone3の方が使いやすいといえるでしょう。

ただ、あとでディスプレイの項目でも説明しますが、ディスプレイの大きさについてg07が5.5インチであるのに対し、Zenfone3は5.2インチなのでそこはしっかりと考慮に入れる必要があります。

ただ、それらを考慮に入れたとしても、5.2インチの方が万人にとって片手で操作しやすい大きさであるので、操作性という観点ではZenfone3の方がオススメできます。

くまおくまお

5.2インチは片手で操作しやすいっと(メモメモ)

比較⑤:ディスプレイ

Covia g07のディスプレイが5.5インチの1,920×1,080ドットの強化ガラスであるのに対し、ASUS Zenfone3のディスプレイは5.2インチの1,920×1,080ドットの強化ガラスなので、g07の方がディスプレイが大きいです。

ともに1,920×1,080ドットでメーカーは違えど強化ガラスを採用しているので、大きな相違点はディスプレイのインチ数のみです。

この点は比較④でも話したとおり、大きい画面のスマホがいいのか、片手での操作がしやすいスマホがいいのか、何を重視するのかによって評価が変わってくる点になります。

手の大きい人であれば5.5インチサイズのスマホでも片手で操作が可能なので、g07の方が良いと思いますが、手の小さい人の場合は、ディスプレイの大きさを重視するのであればg07、片手での操作性を重視するのであればZenfone3が良いと思います。

なお、ディスプレイを含めたスマホのサイズ感については実機を持ってみないとわからない部分が多いので、家電量販店等に行って実機を触ってみることをオススメします。

比較⑥:カメラ

Covia g07の背面カメラが1,300万画素であるのに対し、ASUS Zenfone3の背面カメラは1,600万画素なので、Zenfone3の方が優れています。

また、「g07を使ってみてのレビュー!低価格の割に高性能!」の中でも触れていますが、g07は画素数の割に写真がきれいに撮れないように個人的には感じています。イメージとしては実物よりも写真の方が光が白っぽく出てしまうような感じです。

対するZenfone3については、口コミサイトをみてもカメラの性能については高評価が多いです。なので、カメラで風景写真をきれいに撮りたいというような方の場合はZenfone3を選択したほうが良いです。

比較⑦:バッテリー容量

Covia g07のバッテリー容量が3,000mAhであるのに対し、ASUS Zenfon3のバッテリー容量は2,650mAhなので、g07の方が優れています。

バッテリー容量については、差があるといっても350mAhしか差がありませんので、実使用する上で電池持ちが違うと感じられるほどの違いはないと考えていいと思います。ただ、g07とZenfone3の価格差を考えるともう少しZenfone3に頑張ってもらいたかったと個人的には思ってしまいます。

比較⑧:Wifi

Covia g07の対応Wifi規格がIEEE802.11 a/b/g/nであるのに対し、ASUS Zenfone3はIEEE802.11 a/b/g/n/acなので、Zenfone3の方が優れています。

くまおくまお

IEEE802.11 acって他の規格と比べてどういう特徴があるの?

ペンドラペンドラ

IEEE802.11 acは他の規格と比べて高速通信が可能なんだ!

IEEE802.11 acの通信速度が最大6.9Gbps(=6,900Mbps)であるのに対し、次に高速な通信規格であるIEEE802.11 nの通信速度は最大600Mbpなので、通信速度には10倍以上の差があることがわかります。

ただ、1点注意点があり、あくまでもスマホ上でIEEE802.11 acの通信規格を受信可能ということであり、そもそも送信側がIEEE802.11 acの通信規格を用いた通信でなければ効果はありませんのでご注意ください。

比較⑨:Bluetooth

Covia g07がBluetooth4.1であるのに対し、ASUS Zenfone3はBluetooth4.2なので、Zenfone3の方が優れています。

くまおくまお

Bluetooth4.1と4.2って何が違うの?

ペンドラペンドラ

Bluetooth4.2の方が、データ転送が効率的に行われるようになったんだ!

データ転送が効率的に行われるようになったので、今まで以上にデータが途中で途切れたりする可能性は低くなりました。

Bluetoothで音楽を聴きながら通勤、通学しているような人にとってはこの点は外せないポイントになるのではないでしょうか。

比較⑩:対応バンド

対応バンドについては、Zenfone3の方が優れています。

ただ、「【比較】g07とRAIJINはどっちがオススメ?」の中でも紹介していますが、決してg07の対応バンドが少ないというわけではなく、Zenfone3の対応バンドが多いというのが正しい認識です。というのも、g07は国内で使用する上で必要になるバンド数にはしっかりと対応しているので、国内での使用ではg07とZenfone3の差はありません。

ただ、海外での使用となると、やはり対応バンドが多いZenfone3の方が電波をつかむ可能性は高くなりますのでZenfone3の方がオススメということになります。

まとめ

今回はDSDSの中で低価格帯であるCovia g07とZenfone3を比較してきました。それぞれのスマホに良いところ悪いところがありますので、しっかりと比較したうえで購入するようにしましょう。なお、以下に僕の考えるCovia g07を使った方がいい人、ASUS Zenfone3を使った方がいい人をまとめましたので、参考までにご覧ください。

g07を使った方がいい人
  • とにかく安くDSDSスマホを使いたい人
  • Android7.0を使いたい人
  • 大画面でスマホを操作したい人
  • カメラの性能にはあまりこだわりがない人
  • 海外旅行に行くことがない人

 

Zenfone3を使った方がいい人
  • スマホの処理速度を重視する人
  • スマホの片手での操作性を重視する人
  • きれいな写真を撮りたいと思っている人
  • 自宅のwifiルーターがIEEE802.11 acに対応している人
  • 海外旅行に行き、今のスマホをそのまま使いたい人

 

g07とZenfone3は価格差が2万円もあることから、使用するユーザーの想定も違うように思います。なので、自分がどちらのユーザーなのかしっかりと考えたうえで後悔のない選択ができるようにしましょう。