ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

最近では使っている人も多いWiMAX2+ではありますが、WiMAX2+が4G(LTE)の一種であることを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

くまおくまお

え!?WiMAX2+って4G(LTE)だったの?

ペンドラペンドラ

そうだよ!

今回はそんなWiMAX2+の説明をしていきたいと思います。

4G(LTE)の種類を知ろう

WiMAX2+を説明する前にまずは4G(LTE)が2種類ある点をしっかりと理解しておきましょう。

「3G、4Gの違いがわからない!」という人は、「auの通話し放題(3G)をDSDSスマホで使うには?」の中で説明していますので、先にご覧ください。

4G(LTE)の2種類とは以下の2種類です。

4G(LTE)の種類
  • FDD-LTE
  • TD-LTE

 

くまおくまお

両方とも初めて聞く言葉だなぁ。僕にわかるだろうか…

ペンドラペンドラ

言葉は初めて聞くかもしれないけど、内容は簡単だから安心してね!

FDD-LTEとは?

FDD-LTEとはFrequency Division Duplex LTEの略で、一部例外はありますが、キャリアが提供している4G(LTE)がFDD-LTEと思ってもらうとわかりやすいと思います。

くまおくまお

キャリアの提供している4G(LTE)がFDD-LTEっと(メモメモ)

通信を大きく2つに分けると、電波を受信するダウンロードと電波を送信するアップロードがありますが、FDD-LTEの場合はダウンロードとアップロードの周波数帯が別になっています。

この最大のメリットはダウンロードとアップロードの電波が別の周波数帯なのでぶつかり合うことがなく、効率的に電波を使用することができる点です。

他方、デメリットは、ダウンロードとアップロードの周波数帯が別なので、ダウンロードが極端に多くなった場合、ダウンロードの通信速度が低下してしまう点です。

TD-LTEとは?

TD-LTEとはTime Division LTEの略で、WiMAXやWiMAX2+がTD-LTEになります。

TD-LTEはダウンロードとアップロードで同じ周波数帯を使用しています。そのため、FDD-LTEとは特徴が反対になります。

つまり、同じ周波数帯を使用しているので、ダウンロードが極端に多くなった場合には、アップロードに割り当てる分を減らし、その分をダウンロードに割り当てることにより、通信速度の低下をFDD-LTEよりも抑えることができます。

しかし、ダウンロードとアップロードで同じ周波数帯を使用していることから、ダウンロードとアップロードの電波がぶつかり合ってしまうため、FDD-LTEに比べ効率的に電波を使用することができません。

FDD-LTEとTD-LTEの特徴を図にまとめると以下のとおりです。

FDD-LTE TD-LTE 特徴比較表

WiMAX2+の電波は?

WiMAX2+の電波は上で少し説明していますが、TD-LTEになります。

くまおくまお

どうしてTD-LTEを使っているの?

ここからはあくまでも僕の考えになりますが、WiMAX2+を使用する人の大半はダウンロードの方が圧倒的に多いからだと思います。

自分自身の使い方を思い出してみてください。ダウンロードの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

くまおくまお

確かに。僕も鮭の画像とかよくダウンロードするもんなぁ。

ペンドラペンドラ

(くまおくんは鮭の画像ダウンロードして何してるんだろう…)

WiMAX2+がTD-LTEであるのにはもう一つ理由があり、TD-LTEがそもそも無線通信から発展してきた通信であるからです。

くまおくまお

じゃあFDD-LTEは何が発展した通信になるの?

ペンドラペンドラ

電話通信が発展してきた通信だよ!

つまり、WiMAX2+はデータ通信に特化した通信ということができるのです!

ちなみに、WiMAXとWiMAX2+がありますが、WiMAX2+がWiMAXを発展させた通信と考えてもらえばよいと思います。

くまおくまお

WiMAX2+はWiMAXの進化系っと(メモメモ)

まとめ

今回はWiMAX2+について説明をしてきました。

WiMAX2+が何であるのかわからずもやもやしていた方が、当ページを読むことにより少しでも悩みを解決できたのであればうれしい限りです。

それでは、快適なWiMAX2+ライフをお送りください!