ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今日は格安SIM(MVNO)について紹介していきたいと思います。

格安SIM(MVNO)とは?

くまおくまお

格安SIM(MVNO)って最近よく聞くんだけど、結局Docomo、au、Softbankと何が違うの?

話の流れ的に、先にMVNOの説明から入りたいと思います。

MVNOとは?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」のことで日本語では「仮想移動体通信事業者」といいます。具体的には「IIJmio(みおふぉん)」、「mineo(マイネオ)」、「UQ Mobile」などのことです。

MVNOの対義語はMNO(Mobile Network Operator)で、Docomoやau、Softbankなどのことです。本サイトでよくキャリアという言葉が出てきますが、同じ意味と考えてもらって問題ありません。

MVNOとMNOの大きな違いは一つで、自前で基地局を持っているかどうかです。当然MVNOが基地局を持っていない事業者で、MNOが基地局を持っている事業者になります。

では、基地局をもっていないMVNOはどうやって通信事業を行っているのかというと、MNOの回線を借りて通信事業を行っています。図に表すとこんな感じです(本当は間にもろもろ入りますが、わかりやすくするため省いています)。

mvno mno違い

よく「格安SIMは通信速度が遅い」という話が出ますが、遅い理由は2つあります。

  1. 「基地局」→「MVNOのサーバー」間の借りている回線が弱い
  2. 「MVNOのサーバー」→「インターネット」間の回線が弱い

 

1番を解消しようとすると、MNOから追加で回線を借りることになるので、当然スマホ代も高くなっていきます。また、2番を解消するためにはサーバーを増強しなければいけないので、増強するための費用がかかり、当然スマホ代も高くなっていきます。

さてMVNOの意味は理解できたと思いますので、次は格安SIMの説明です。

格安SIMとは?

格安SIMとは、ずばりMVNOが提供する、MNOに比べて安価なSIMのことです。では、MVNOはなぜMNOより安く通信を提供できるのでしょうか。大きな理由は3つです。

  1. 格安SIM(MVNO)は基地局の維持費がかかっていないため。
  2. 格安SIM(MVNO)には余計なプランがついていないため。
  3. 格安SIM(MVNO)は回線を必要な分だけMNOから借りているため。

 

1番について、MNOは基地局を維持するために莫大なお金をかけています。また、通信状況が良くないところでは設備の増強等も行うことになりますのでその際にも当然費用がかかります。

それに対して格安SIM(MVNO)はMNOから回線を借りているだけなので、基地局の維持費等がかかりません。

2番について、格安SIM(MVNO)には余計なプランがついていません。

キャリア(Docomo、au、Softbank)を使っていた人ならわかると思うんですが、キャリアってオプションで色々なものがついてくるんですよね。

最近の例でいうと当サイト内でも紹介していますが、DocomoやSoftbankでカケホーダイライトプランのみを契約しようとしても、データ通信の加入が条件づけられていてカケホーダイライトプランのみでは契約できないとかですかね。

反対に、格安SIM(MVNO)のプランは単純明快なものが多く、スマホ代は〇GBまで〇円、通話を付けると月当たり〇円プラスで、通話は〇秒あたり〇円みたいな感じですね。

とにかく格安SIM(MVNO)に替えると無駄がないということを実感できると思います。

3番について、格安SIM(MVNO)は必要な分だけMNOから回線を借りているので無駄がありません。

裏を返せば、MNOは回線に無駄があるのでその分を格安SIM(MVNO)に貸しているということです。格安SIM(MVNO)のように無駄がなければスマホ代も安くすることができますよね。

くまおくまお

格安SIM(MVNO)って安い値段で提供してるから怪しいと思ってたけど、ちゃんと安い理由があるんだね!

もちろん、格安SIM(MVNO)はキャリア(Docomo、au、Softbank)に比べて良いところも悪いところもあります。

その辺りについては以下でまとめていますので、よければご覧ください。

格安SIM(MVNO)のメリットとは?

格安SIM(MVNO)のデメリットとは?

格安SIM(MVNO)の回線はどうやって決まる?

くまおくまお

格安SIM(MVNO)って回線はどうやって決まるの?

基本的に格安SIM(MVNO)の回線は、借りているMNOの回線によって決定されることになります。

回線の違い

上の図のとおり、格安SIM(MVNO)が回線をDocomoから借りていればDocomo回線になりますし、auから借りていればau回線になります。

上の図にはありませんが、もちろん格安SIM(MVNO)がSoftbankから回線を借りた場合には、Softbank回線になります。

回線の違いによって何が変わる?

くまおくまお

回線が違うと何か大きく変わるの?

ペンドラペンドラ

スマホの使用可否が変わるよ!

なぜ、スマホの使用可否が変わってくるのかというと、Docomo、au、Softbankで対応バンドが異なるからです。

くまおくまお

対応バンドってなんだ?

対応バンドについては、当サイト内で説明してますので、該当部分を引用したいと思います。

バンドとは周波数帯のことで、例えるなら、通信をするための電波の道路のようなものです。

道路には国道、私道、高速道など様々な特徴を持った道路があるように、バンドも周波数帯によって様々な特徴を持っています。

一般的に高周波なものほど高速に通信をすることができますが、一方で障害物等を迂回して電波を届けることが得意ではないため電波の範囲は狭くなります。

先ほどの道路の例え話でいうなら、高速道路は高周波なバンドといえ、市道・私道が低周波なバンドといえるでしょう(高速道路は速く移動することができますが、細かい到達地点(自宅の前など)に行くことはできませんよね?)。

バンドの意味は理解できたと思うので改めて説明する必要もないとは思いますが、対応バンドとはつまり自分の持っているスマホがどの周波数帯の電波を拾うことができるのかということです。

つまり、スマホによって拾うことのできる電波が異なるなので、Docomoの電波しか掴まないスマホもあれば、auの電波しか掴まないスマホもあるということです。

くまおくまお

格安SIM(MVNO)を使うためには、わざわざ自分の使うスマホの対応バンドを確認しなきゃいけないのか、めんどくさいなぁ…

「対応バンドを確認するのが面倒くさい!」という人は、各格安SIM(MVNO)のホームページにて動作確認端末を掲載していますので、当該ページを参照するようにしてください。

まとめ

今回は格安SIM(MVNO)とは何かについて説明してきました。

今回の内容は格安SIM(MVNO)を選ぶうえでの基礎的な内容になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

それでは快適な格安SIM(MVNO)ライフをお送りください!