ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDV(Dual Sim Dual VoLTE)について説明していきたいと思います。

くまおくまお

DSDSとかDSDAと関係がありそうだな。

ペンドラペンドラ

くまおくん、勘が鋭いね!

DSDVは、DSDSやDSDAと同じ分類のものと考えてもらうと以下の説明もわかりやすくなると思います。

それでは、まずDSDS、DSDAのおさらいからしていきましょう。

なお、DSDS、DSDAについて詳しく知りたいという方は、「DSDS、DSDAとは?」で紹介していますので、そちらをご覧ください。

DSDS、DSDAとは?

スマホとクエスチョン

DSDSとはスマホ内に2枚のSIMカードを同時に挿すことができて、かつ2枚のSIMカードの通信を同時にスタンバイ状態にできる機能のことです。

ただし1点注意点があり、2枚のSIMカードを共に4G(LTE)に設定することはできません。

DSDS対応のスマホが世に登場したことにより、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話し放題を維持しながら、格安SIM(MVNO)のデータ通信を使うことができるようになったので、通話時間が長いことが理由で格安SIM(MVNO)に乗り換えられなかった人が格安SIM(MVNO)に乗り換えやすくなりました。

DSDAとはスマホ内に2枚のSIMカードを同時に挿すことができて、かつ2枚のSIMカードを同時に通信状態にできる機能のことです。

ただし1点注意点があり、DSDAもDSDSと同じく2枚のSIMカードを共に4G(LTE)に設定することはできません。

DSDSとの違いは、片方のSIMカードで通信しているときに、もう片方のSIMカードで通信できるか否かです。通信できるのがDSDAで通信できないのがDSDSです。

また、DSDAについてはDSDSに比べ開発にかかる障壁が多い割にメリットが大きくないことから、日本国内では普及していません。

以上が簡単なDSDS、DSDAの紹介になります。

DSDVとは?

question

DSDVとはDual Sim Dual VoLTEの略で、2枚のSIMカードを同時に挿すことができて、かつ2枚のSIMカードの通信を同時にスタンバイ状態にできる機能のことです。

くまおくまお

DSDSと同じに思えるけど、何が違うの?

ペンドラペンドラ

DSDSは1枚のSIMカードを4G(LTE)で通信設定していると、もう1枚のSIMカードは3Gでしか通信設定ができなかったんだけど、DSDVの場合は2枚とも4G(VoLTE)で通信設定することが可能なんだ!

ペンドラくんの言うとおり、DSDVの最大の特徴は2枚のSIMカードがともに4G(VoLTE)で設定できる点です。

具体例で見ていきましょう。

AさんはDSDSスマホを使っていて、通話についてはDocomoの通話し放題プランを契約し、データ通信については格安SIM(MVNO)の4G(LTE)プランを契約しているとします。

この使い方は、通話をたくさんする人にとってはベターな使い方になりますが、欲を言うと1点物足りない点があります。

くまおくまお

物足りない点なんてあるの?

今回のAさんの例だと、格安SIM(MVNO)のデータ通信が原則として4G(LTE)での接続になるので、Docomoの通話し放題プランは3Gでの接続になってしまいます。

くまおくまお

3Gでも通話できるんだから何も問題ないんじゃないの?

ペンドラペンドラ

3Gの通話は4G(VoLTE)の通話に比べて通話品質で劣るんだ…

つまり、Aさんの場合だと、仮にDocomoの契約が4G(VoLTE)に対応していたとしても、格安SIM(MVNO)で4G(LTE)の接続を行っていることから、Docomoは4G(VoLTE)で接続することができないのです!

そのため、AさんはDocomoの4G(VoLTE)を用いて3Gの時よりもよりクリアな通話をしたいと思っていても、それをDSDSでは成し遂げることはできません。

では、これがDSDVになるとどうでしょうか。

DSDVの場合、2枚のSIMカードをともに4G(VoLTE)に設定することができるので、格安SIM(MVNO)で4G(LTE)の接続を行っていたとしても、Docomoでも4G(VoLTE)で接続することができます!

要するに、AさんはDSDVスマホを使うことにより、4G(VoLTE)でクリアな通話を楽しむことができ、かつ格安SIM(MVNO)を4G(LTE)で使うこともできるのです!

DSDV対応スマホの発売状況は?

くまおくまお

DSDVスマホスゲー!ところでDSDVスマホってどのくらい発売されているの?

ペンドラペンドラ

DSDV自体が出てきて間もない機能だから、まだ発売されている機種はほとんどないんだ…

DSDV自体が最近出てきた機能ということもあり、2017年12月現在、DSDV対応スマホはHuaweiのMate 10 Proしか発売されていません。

機種が少なくてため息をついている方、まだ希望を捨ててはいけません!

DSDSスマホも去年までは数えるほどしか機種がありませんでしたが、今年に入って爆発的に種類が増えたことから、DSDVスマホについても来年以降続々と機種が追加されていくのではないかと僕的には思っています。

なので、もう半年から1年ほど辛抱強く待ってみましょう。きっとDSDV対応スマホの種類が増えているはずです!

※2018年3月4日追記

ASUSのZenfone5ZがDSDVに対応するとのことです(日本での発売時期は未定ですが、ヨーロッパでの発売が2018年6月であることから2018年度下期と予想)!

詳細ページについてはアップでき次第お伝えします!

まとめ

今回はDSDVについて説明してきました。

DSDVスマホを活用するべき人は「格安SIM(MVNO)で4G(LTE)の通信をしつつ、4G(VoLTE)で通話もしたい!」と思っている人です。

もし、「格安SIM(MVNO)で4G(LTE)の通信をしつつ、4G(VoLTE)で通話もしたい!」と思っているのであれば、ぜひDSDVスマホへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、「通話し放題であれば音質はあまり気にしない!」という人の場合は、DSDVスマホよりもDSDSスマホの方がスマホの種類も多く、またリーズナブルなものも多数販売されていることから、DSDSスマホへの乗り換えを検討してみることをおススメします。

DSDSスマホについては、「【まとめ】DSDSのメリット・注意点・対応機種をまとめてみた!」で詳しく説明していますので、よければご覧ください。

DSDS、DSDVともにキャリアの通話し放題を維持したいと思っている人にとってはとても便利な機能になっていますので、ぜひ検討をされてみてはいかがでしょうか。

それでは快適なDSDS、DSDVライフをお送りください!