ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回は格安SIM(MVNO)で購入したスマートフォンが他の格安SIM(MVNO)等※で使えるかどうかについて説明していきたいと思います。

※格安SIMでの利用に加え、キャリア(Docomo、au、Softbank)での利用も想定されるため

購入したスマホが他の格安SIM等で使えるかどうかの質問が出る理由

そもそも、今回のような質問がなぜ出るのかについてまず説明していきたいと思います。

2015年以前、キャリアで購入したスマホは他のキャリアで使えなかった

頭を抱える男性

2015年5月以前、キャリアではSIMロック解除が義務化されていませんでした。

その結果、各キャリアは販売したスマホに対しSIMロックをしていたのです。

SIMロックとは自社以外の回線に接続できなくする機能のこと

南京錠

くまおくまお

SIMロックって最近よく耳にするんだけど、意味がよくわからないんだよね…

SIMロックとは、ある端末に対し1つの通信規格や周波数帯に適合したSIMカード以外の通信ができないようにロックをかけてしまうことです。

図示すると以下のとおりです。

SIMロック 仕組み

あるスマホがauから販売され、そのスマホにはauのSIMカードが挿入されたとします。

そうすると、そのスマホではau系統のSIMロックがかかり、Docomo系統のSIMやSoftbank系統のSIMが挿入されたとしても、そのスマホでは電波を掴むことができないのです。

キャリアでは囲い込みのためSIMロックがされていた

そもそも、なぜキャリアはSIMロックを実施していたのでしょうか。

理由は簡単で、消費者が一括0円などで入手したスマホを短期解約して他のキャリアで使われるのを防ぐためです。

つまり、言い換えればキャリアは消費者を囲い込むためにSIMロックをかけていたのです。

詳細な説明は「SIMフリースマホ、SIMロック解除とは?」でしていますので割愛しますが、上記のような経緯があったことは頭に入れておくと良いでしょう。

2015年以前はSIMロックが当たり前でありその時の感覚が抜けていない人が多い

上の説明からもわかるように、2015年以前はSIMロックがかかっているのが当然であり、そのため「購入したスマホは他のキャリアで使えない」というのが当たり前の認識でした。

2015年5月からはSIMロック解除が義務化され、また格安SIM(MVNO)が台頭してきたことによりSIMフリースマホなども話題となりましたが、2015年以前からスマホを使っている人からすると、依然として「スマホは購入した会社以外で使えない」という認識が残っているのです。

今回、格安SIM(MVNO)で購入したスマホが他の格安SIM(MVNO)で使えるかどうかについて当ページを作成しているのも、「スマホを購入した会社以外で使えない」という認識のある人に当ページを読んでもらうことにより、そのような誤解を解いてもらうことが目的となっています。

格安SIMで購入したスマホは他の格安SIMでも使える!

電球

さて、前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

まず、結論から言ってしまいますが、格安SIM(MVNO)で購入したスマホは他の格安SIM(MVNO)でも利用することができます!

ただ、格安SIM(MVNO)によって動作確認できているスマホとできていないスマホにばらつきがありますので、そのあたりは利用する格安SIM(MVNO)の動作確認ページを確認する必要があります。

格安SIMで購入したスマホは原則SIMフリースマホ

なぜ、格安SIM(MVNO)で購入したスマホが他の格安SIM(MVNO)で使えるのか、その理由について説明していきたいと思います。

一言で言ってしまえば、格安SIM(MVNO)で購入したスマホは原則SIMフリースマホであるからです。

SIMフリースマホはどの回線のSIMを挿入しても利用できる

SIMフリースマホとは、簡単に言ってしまえばSIMロックのかかっていないスマートフォンのことです。

つまり、どの回線のSIMカードを挿入しても通信することができます。

上でも説明しているとおり、格安SIM(MVNO)で購入したスマホはSIMフリースマホであるため、Docomo回線のSIMを挿入しようが、au回線のSIMを挿入しようが、Softbank回線のSIMを挿入しようが、通信をすることができるのです。

くまおくまお

SIMフリースマホはどんなSIMカードでも通信可能ってことだね(メモメモ)

中古で購入した格安スマホも使える?

スマホとクエスチョン

ご自身が格安SIM(MVNO)の契約時にスマホを購入した場合、問題なく利用できることは上で説明したとおりですが、それでは、中古で購入した格安スマホも他の格安SIM(MVNO)で利用することはできるのでしょうか。

中古で購入した格安スマホでも通信可能!

結論から言えば、中古で購入した格安スマホであっても通信することは可能です。

理由はご自身で購入した場合と同様で、中古で購入したスマホもSIMフリースマホであるためです。

中古スマホの場合は赤ロムに要注意!

caution

ご自身で購入した場合と異なり、中古で格安スマホを購入する場合には1点注意する必要があります。

それは、中古スマホだと赤ロムが紛れている可能性がある点です。

赤ロムとはキャリアによって通信を遮断されたスマホのこと

赤ロムとは、キャリアによって通信を遮断されたスマホのことです。

赤ロムができてしまう背景には、以下のような流れがあります。

赤ロムができてしまう背景
  1. 利用者がスマホを割賦払いで購入
  2. 利用者がスマホを転売
  3. 利用者が割賦払いの支払いを拒絶(=利用者が儲かる)
  4. キャリアが転売されたスマホの通信を遮断

 

つまり、割賦払いを悪用した転売を阻止するために、キャリアが転売されたスマホに利用制限をかけ、その結果として赤ロムが出来上がってしまうのです。

赤ロムを購入しないようにするには?
くまおくまお

赤ロムを購入しないようにしたいんだけど、いい方法はないの?

赤ロムを購入しないようにするためには、購入したスマホが赤ロムだった場合に返金対応してもらえる販売店で購入するようしましょう。

そうすることにより、仮に購入したスマホが赤ロムであったとしても、購入者はリスクを負う必要がなくなります。

まとめ

今回は格安SIM(MVNO)で購入したスマホが他の格安SIM(MVNO)で使えるかどうかについて説明してきました。

今回の内容をまとめると以下のとおりです。

まとめ

  • 格安SIMで購入したスマホは他の格安SIMでも利用可能
  • 中古の格安スマホでも他の格安SIMで利用可能だが、赤ロムには要注意!

それでは快適な格安SIM(MVNO)ライフをお送りください!