ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はY!mobile(ワイモバイル)のスマホ代について、他の格安SIM(MVNO)と比べて安いのかどうかについて説明していきたいと思います。

Y!mobileのスマホ代は?

スマホとクエスチョン

他の格安SIM(MVNO)と比べる前にY!mobileのスマホ代についてまずは見ていきたいと思います。

なおY!mobile(ワイモバイル)の場合、他の格安SIM(MVNO)と異なり基本料金が通話料(10分かけ放題)込みになっていますので気を付けてください。

Y!mobile 料金プラン
  • スマホプランS(1GB):2,980円
  • スマホプランM(3GB):3,980円
  • スマホプランL(7GB):5,980円

キャンペーンにより新規契約はデータ容量が2倍

Y!mobile(ワイモバイル)では、新規契約(MNP含む)等に力を入れていて、新規契約した場合には2年間無料でデータ容量が2倍に増えます。

つまり、上記の料金プランが実質以下のようになります。

Y!mobile 料金プラン
  • スマホプランS(12GB):2,980円
  • スマホプランM(36GB):3,980円
  • スマホプランL(714GB):5,980円

 

Y!mobileを検討している人の多くは新規契約になることと思いますので、このデータ容量2倍キャンペーンは受けられるものと思ってよいでしょう。

くまおくまお

データ容量が無料で2倍になるなんて嬉しいね!

ペンドラペンドラ

そうだね!

ワンキュッパ割で1年間は月額1,000円割引!

電球

さらにY!mobieではワンキュッパ割というキャンペーンを実施していて、新規契約(MNP含む)でスマホプランS/M/Lのいずれかを申込んだ人は、1年間月額1,000円の割引を受けることができます。

つまり、上で示した料金プランが最終的には以下のようになります。

Y!mobile 料金プラン
  • スマホプランS(2GB):2,980円1,980円
  • スマホプランM(6GB):3,980円2,980円
  • スマホプランL(14GB):5,980円4,980円

 

例えば、スマホプランSを契約した場合、1か月に2GBまでデータ容量を使え、かつ10分かけ放題が付いたうえで月額1,980円なので、とてもお得なように思えます。

くまおくまお

確かに10分かけ放題がついて月額1,980円なら他の格安SIMよりもお得な気がするな。

Y!mobileが安くない理由は?

すごく魅力的に見えるY!mobileのプランですが、以下で他の格安SIM(MVNO)と比べてお得でないことを説明していきたいと思います。

2年間のトータル額で考えると安くないことがわかる

頭を抱える男性

Y!mobileのプランは2年間の定期契約となっているため、解約月以外に解約すると9,500円の解約金が発生します。

簡単に言ってしまえばキャリア(Docomo、au、Softbank)と同じ仕組みということですね。

つまり、Y!mobile(ワイモバイル)のスマホ代が安いかどうかを考える時には2年間のトータル額で考える必要があるということです。

スマホプランSのトータル額は59,520円

それではまず初めにスマホプランSのトータル金額を見ていきたいと思います。

先ほども説明したようにワンキュッパ割は1年間月額を1000円割り引くキャンペーンであることから、1年目は月額1,980円、2年目は2,980円で計算する必要があります。

計算すると以下のとおりです。

【1年目】
1,980円×12か月=23,760円

【2年目】
2,980円×12か月=35,760円

【合計】
23,760円+35,760円=59,520円

IIJmioのトータル額は51,120円

それでは他の格安SIM(MVNO)の代表としてIIJmio(みおふぉん)の料金プランと比較してみたいと思います。

くまおくまお

どうしてIIJmioを比較対象に選んだの?

ペンドラペンドラ

10分かけ放題プランが用意されていて、かつプランのデータ容量がほぼ同じだからだよ!

Y!mobile(ワイモバイル)のプランSとほぼ同じプランになるのはミニマムスタートプランです(IIJmioのキャンペーンを利用すると大分使えるデータ容量に差が出てしまいますが…)。

比較にあたり、ミニマムスタートプランは音声通話機能付きSIM(みおふぉん)とし、10分かけ放題をオプションでつけるとします(2018年6月26日現在行われているキャンペーンを利用するものとします)。

その場合、1か月あたりの費用は以下のとおりになります。

  • ミニマムスタートプラン(36GB):月額1,600円
  • 10分かけ放題プラン:月額830円
  • キャンペーン割引:-月額300円
  • 合計:月額2,130円

 

2年間IIJmioを利用した場合、上記月額で24か月利用することになるため、2,130円×24か月で51,120円になります。

IIJmioの方が使えるデータ容量は4GBも多いがスマホ代は2年間で約8,000円安い

Y!mobile(ワイモバイル)のプランSは1か月に2GBのデータ使用で2年間のトータル額が59,520円でしたが、IIJmioのプランは1か月に6GBのデータ使用で2年間のトータル額が51,120円のため、IIJmioの方がスマホ代をより節約できることがわかると思います。

つまり、IIJmioの方が1か月に使えるデータ容量が4GBも多い一方で、2年間のトータル額は8,000円以上安いのです!

プランMのトータル額は83,520円

次にプランMのトータル額を見ていきたいと思います。

先ほどのプランSと同様、ワンキュッパ割が適用されているので、1年目は月額2,980円、2年目は月額3,980円で計算することになります。

計算すると以下のとおりです。

【1年目】
2,980円×12か月=35,760円

【2年目】
3,980円×12か月=47,760円

【合計】
35,760円+47,760円=83,520円

IIJmioのトータル額は58,800円

次にIIJmioのライトスタートプランのトータル額を計算していきたいと思います。

ライトスタートプランについてはキャンペーンを適用すると1か月に9GBデータを利用することができます。

なお、その他の条件については上でのIIJmioの計算と同条件になります。

  • ライトスタートプラン(69GB):月額1,920円
  • 10分かけ放題プラン:月額830円
  • キャンペーン割引:-月額300円
  • 合計:月額2,450円

 

2年間IIJmioを利用した場合、上記月額で24か月利用することになるため、2,450円×24か月で58,800円になります。

IIJmioの方が使えるデータ容量は3GBも多いがスマホ代は2年間で約25,000円も安い

プランSの時同様、IIJmioの方が1か月に使えるデータ容量が多いにもかかわらず、2年間のトータル額は約25,000円も安いことがわかります。

つまり、プランMについてはプランSの時よりもさらにIIJmioを使った方が良いと言えるでしょう。

プランLのトータル額は131,520円

それでは次にプランLを比較していきたいと思います。

先ほどのプランS、プランM同様、ワンキュッパ割が適用されているので、1年目は月額4,980円、2年目は月額5,980円で計算することになります。

計算すると以下のとおりです。

【1年目】
4,980円×12か月=59,760円

【2年目】
5,980円×12か月=71,760円

【合計】
59,760円+71,760円=131,520円

IIJmioのトータル額は83,760円

次にIIJmioのファミリーシェアプランのトータル額を計算していきたいと思います。

ファミリーシェアプランについてはキャンペーンを適用すると1か月に15GBデータを利用することができます。

なお、その他の条件については上でのIIJmioの計算と同条件になります。

  • ファミリープラン(6215GB):月額2,960円
  • 10分かけ放題プラン:月額830円
  • キャンペーン割引:-月額300円
  • 合計:月額3,490円

 

2年間IIJmioを利用した場合、上記月額で24か月利用することになるため、3,490円×24か月で83,760円になります。

IIJmioの方が使えるデータ容量は1GB多いにもかかわらずスマホ代は2年間で約50,000円も安い

プランMの時同様、IIJmioの方が1か月に使えるデータ容量が多いにもかかわらず、2年間のトータル額は約50,000円も安いことがわかります。

つまり、プランLについてはプランMの時よりもさらにIIJmioを使った方が良いと言えるでしょう。

まとめ

今回はY!mobile(ワイモバイル)のスマホ代が安くない理由について説明してきました。

Y!mobileの利用を検討している人の場合、IIJmioを利用したほうがよりお得にスマホを使えることがわかったのではないでしょうか。

今回の内容をまとめると以下のとおりです。

まとめ

  • Y!mobileのプランは1年目と2年目で料金が異なる
  • 2年間トータルの金額で考えるとIIJmioに比べ割高
  • データ容量が大きくなるほど、Y!mobileのスマホ代は割高になる

今回の内容を読み、「IIJmioに乗り換えてみようかな」と思った人は、ぜひ「IIJmioのメリットとは?」や「IIJmioのデメリットとは?」も併せてご覧になってください。

それでは快適な格安SIM(MVNO)ライフをお送りください!