ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はIIJmio(みおふぉん)のメリット第6弾(最終弾)ということで、データ容量の繰り越しについて説明したいと思います。

データ容量を繰り越せると何がいい?

データ容量が繰り越せると、使っている人にどのようなメリットがあるのでしょうか。

もうすでにわかっている方が多いと思いますが、データ容量を繰り越せることにより、繰り越した月の使えるデータ/容量が多くなります!

図で示すとこんな感じです。

データ容量 繰越し図

左の図が当月のデータ使用状況で、右の図が翌月のデータ利用可能状況です。

当月に6GBまで使えるところをAさんは4GBしか使用しなかったため、2GBデータが余りました。

余ったデータは翌月への繰り越しが可能なので翌月へ繰り越し、その結果、翌月は合計で8GBデータを使用することが可能になります。

まだ、データの繰り越しを導入していない格安SIM(MVNO)もあることから、これはIIJmio(みおふぉん)のメリットといえるでしょう。

くまおくまお

ということは、余ったデータ容量はどんどん貯まっていくってことか!それは便利だね!

ペンドラペンドラ

ちょっと待ってくまおくん!余ったデータ容量は翌月までしか繰り越せないからそこは注意してね!

くまおくまお

え!じゃあ使わなかったデータがどんどん貯まっていくわけじゃないの?

ペンドラペンドラ

そうだよ!

たとえば、1月に使わなかったデータ分は2月に繰り越すことができますが、3月には繰り越すことができないのでそこは注意が必要です。

実際にIIJmio(みおふぉん)のアプリである「みおぽん」を見てみましょう。

IIJmioクーポンスイッチ

バンドルクーポンは使用可能データ容量と思ってもらえば大丈夫です。

下の赤枠が本来9月になくなるはずであったデータ容量分です。

しかし、下の赤枠内のカッコを見ると「2017/10迄」つまり2017年10月まで利用できることがわかると思います。

同様に、本来10月までになくなるはずであったデータ容量は11月まで利用が可能です。

また、データの利用は期限が早い分(上の画面でいえば10月末で消滅する分)から利用されるので、データを無駄にする可能性が減ります。

メリット①~⑥ まとめ

いかがだったでしょうか。今一度、IIJmio(みおふぉん)のメリットをおさらいしておきたいと思います。

メリット まとめ
  • 家族4人だと月額5,760円から利用可能
  • 一契約につきSIMカードが最大で10枚(音声通話機能付きの場合5枚)発行できる
  • Docomo回線、au回線双方に対応
  • イオン、ヨドバシカメラなどの実店舗でも契約が可能
  • データ容量が10GB以上欲しい場合は、オプションにて追加購入可能
  • 使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越し可能

 

今回で、IIJmio(みおふぉん)のメリットは終了になります。

メリット第1弾から第6弾まで見た人は理解していることだと思いますが、IIJmio(みおふぉん)は家族で使う場合のメリットが多いので、家族で格安SIM(MVNO)への乗り換えを検討されている方は、IIJmio(みおふぉん)への乗り換えを検討されてはいかがでしょうか