ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDSスマホとして人気のあるHUAWEI novaのケースについて説明していきたいと思います。

今回レビューするnovaのケースはこちらです。

それでは早速見ていきましょう!

外面はシンプルな印象

表面はザ・シンプル

外面については、最近よく発売されている価格の安い人工レザーのような感じです。

ただ、価格が安い割にはよく仕上がっているかなというのが僕自身の感想になります。

ケース 表面

また、写真からだとわかりませんが、表面はとても薄く、薄いプラスチックの板が1枚挟まっているような感じであるため、「スマホを落としてしまったときに、本当にスマホを保護してくれるのか」といった心配を拭うことはできません。

つまり、言い換えるなら薄いプラスチックの板が1枚挟まっている程度の強度であるため、手でケースを折り曲げようと思えばすぐに折り曲げることができてしまうということです。

ケース 表面の厚み

見てのとおり、ケースの表面は非常に薄いことがわかります。

裏面はくり抜き部分も含め丁寧な作り

ケース 裏面

裏面も表面と同様の素材で作られています。

カメラや指紋センサーの部分は素材がくり抜かれているわけですが、くり抜き部分もとても丁寧に作業がされています。

この点については、価格が安い割にしっかりとしているなと感じました。

ケース 裏面 くり抜き

くまおくまお

価格は安いけどくり抜き作業は丁寧ってことか(メモメモ)

中面はすべて真っ黒!

続いて中面を見ていきたいと思います。

ポケット収納は2段あり様々なものが収納可能

ケース ポケット

今となっては当たり前になりつつありますが、表面の裏側にはポケット収納が2段あり、名詞、カード、絆創膏など様々なものを挟み込むことができます。

上段も下段も同じ深さなので、自分の好みに合わせて挟み込むものを決めると良いでしょう。

スマホはプラスチックケースで挟み込む

ケース 挟み込み

今回紹介しているケースは、プラスチックのカバーにスマホをはめ込むタイプのものです。

くまおくまお

ホールド性はしっかりとしているのかな?

ペンドラペンドラ

nova専用のケースとして作られているからホールド性は問題ないよ!

スマホをカバーに挟み込むときも、緩すぎず、きつすぎず、ちょうどよい塩梅であるなと思いました。

ケース プラスチック部分

プラスチック部分については、埃が溜まりやすく、また指紋も非常に目立つことから、「できるだけキレイな状態で使いたい!」という人は、なるべくプラスチック部分を触らないようにしましょう。

ボタン部分の耐久性は少し心配

今回のnovaのケースについては、ケースを留めておくためにマグネットが取り付けられています。

よくこの部分は、根元の部分からちぎれてしまうことがあるのですが、今回のnovaのケースについては、価格が安いこともあり、少し耐久性に心配なところがあります。

以下の写真は僕が約6か月使った時点での写真になりますが、表面の部分が徐々に削れてきていることがわかると思います(わかりにくくてすみません…)。

ケース ボタン部分

novaのケースはnova liteにも使える?

question

今回紹介したケースはnovaのケースですが、nova liteにも使うことはできるのでしょうか。

結論から言えば、nova liteで今回紹介したケースを利用することはできません!

novaのケースがnova liteで使えない理由はごく簡単で、novaとnova liteでスマホ本体の大きさが異なるためです。

くまおくまお

novaを使っている人はnova専用のケースを使う必要があるっと(メモメモ)

まとめ

今回はHUAWEI novaのケースについて紹介してきました。

今回紹介したnovaのケースは「価格が安い割にはよくできているかな?」といったレベルのケースでした。

「安くてそこそこ使えるケースを使いたい!」という人にとってはオススメできるものとなっていますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、快適なDSDSスマホライフをお送りください!