ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDSスマホとして人気のあるg07のケースについて説明していきたいと思います。

今回レビューするg07のケースはこちらです。

それでは早速見ていきましょう!

外面は黒のレザーにより重厚な印象に

表面はシンプルだけど、洗練されたデザイン

外面については、価格の安いケースとは異なり、重厚感があります。

価格の安いケースと比べると差がわかると思いますので、以下に比較画像を掲載したいと思います。

ケース比較

見てのとおり、右側のケース(=g07のケース)の方が重厚感があることがわかるのではないでしょうか。

また、ケースの厚みについても、価格の安いケースだと厚紙が中に1枚挟まっているような感覚のものが多いですが、今回のg07のケースはプラスチック板が1枚間に挟まっているような感覚であり、とてもしっかりとしている印象を受けました。

言い換えるなら、価格の安いケースについては手で折り曲げようと思えば簡単に折り曲げられる程度の厚みですが、g07のケースについては力を加えないと折り曲げるのが難しい程の厚みということです。

g07 ケース 厚み

見てのとおり、ケースの表面は黒の部分に厚みがあることがわかります。

裏面はくり抜き部分も含め丁寧な作り

g07 ケース 裏面

裏面も表面と同様の素材で作成されていることから、とても重厚な作りとなっています。

カメラや指紋センサーの部分は素材がくり抜かれているわけですが、くり抜き部分もとても丁寧に作業がされています。

g07 ケース 裏面

くまおくまお

価格が高いだけあって外面は高級な作りってことだな(メモメモ)

中面は茶色で統一され、落ち着いた印象に

続いて中面を見ていきたいと思います。

ポケット収納は2段あり様々なものが収納可能

g07 ポケット

今となっては当たり前になりつつありますが、表面の裏側にはポケット収納が2段あり、名詞、カード、絆創膏など様々なものを挟み込むことができます。

上段も下段も同じ深さなので、自分の好みに合わせて挟み込むものを決めると良いでしょう。

スマホは4か所のツメで挟み込む

g07 ケース 中面

最近のケースだとプラスチックのものにスマホをはめ込むタイプのものが多いですが、今回紹介しているg07のケースは四方のツメで挟み込むタイプのものです。

くまおくまお

四方のツメで挟み込むだけだと、スマホが落ちたりしちゃうんじゃないの?

ペンドラペンドラ

四方のツメはとてもしっかりしているから、その心配はする必要ないよ!

僕自身もびっくりしたのですが、四方のツメはとても頑丈に作られています。

初めてケースにスマホを挟み込むとき、あまりにツメが固かったため、「これ本当にスマホを挟み込めるのか?」と思ってしまいました(笑)

なので、四方のツメでしかスマホを支えていませんが、落下等の心配をする必要はありません。

四方のツメで支えるタイプを実際に使ってみて思ったことですが、ツメの部分にものすごく埃が貯まります。

g07 ケース ツメ

プラスチックのものにスマホをはめ込むタイプのものの時には埃が貯まることはなかったと思いますので、しっかりとその点を認識したうえで購入するようにしましょう。

ボタン部分は破れる心配なし

今回のg07のケースについては、ケースを留めておくためにマグネットが取り付けられています。

よくこの部分は、根元の部分からちぎれてしまうことがあるのですが、素材がしっかりしたもののため、今回のg07のケースは「根元からちぎれるのではないか」といった心配もする必要がありません。

以下の写真は僕が約1年3か月使った時点での写真になりますが、ご覧のとおり少しもがたがきていません。

g07 ケース

ストラップを取り付けられるDカン付き

今回紹介しているg07のケースにはストラップを取り付けるためのDカンが付いています。

g07 ケース ストラップ

ストラップを取り付けられないスマホが多いので、ストラップを取り付けたい人にとっては重要なポイントになるのではないでしょうか。

くまおくまお

あれ?g07本体にもストラップって取付可能じゃなかったっけ?

くまお君の言うとおり、実はg07本体にもストラップを取り付ける穴が空いているのです。

そのため、なぜ今回紹介しているケースにストラップのDカンが付いているのかは不明です…。

ただし、g07本体に取り付けるよりも取り付けが楽なので、「ストレスを感じることなくストラップを取り付けたい!」という人の場合には、Dカンを利用すると良いと思います。

g07のケースはg07++にも使える?

question

今回紹介したケースはg07のケースですが、g07++にも使うことはできるのでしょうか。

結論から言えば、g07++でも利用することは可能です。

また、g07+も同様の理由で利用することが可能です。

g07+とg07++でg07のケースが使える理由はごく簡単で、g07+もg07++もg07とスマホ本体のサイズが変わっていないためです。

くまおくまお

g07+でもg07+でも利用可能ってことだね(メモメモ)

まとめ

今回はg07のケースについて紹介してきました。

今回紹介したg07のケースは価格が他のケースに比べ高いこともあり、とても高級感のあるケースとなっていました。

「高級感のあるケースを使いたい!」という人にとってはオススメできるものとなっていますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、快適なスマホライフをお送りください!