ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回は格安SIM(MVNO)のうち、IIJmio(みおふぉん)について説明していきたいと思います。

くまおくまお

IIJmio(みおふぉん)ってあんまり聞かない名前だけど、実際どうなの?

ペンドラペンドラ

SIMカードを最大10枚まで発行できる、家族での使用にオススメな格安SIMだよ!

IIJmio(みおふぉん)の最大の特徴は何といっても1契約でSIMカードを最大10枚(音声通話の場合5枚)まで発行できる点です。

1契約で家族全員が乗り換えられるため、家族全員のスマホ代を大幅に節約することが可能なのです(家族4人なら月額5,760円から利用可能)!

今回はそんなIIJmio(みおふぉん)について1から詳しく説明していきたいと思います。

目次

IIJmioってどんな会社?サービス内容は?

スマホとクエスチョン

IIJmioはInternet Initiative Japan(インターネットイニシアティブジャパン)が提供する格安SIM(MVNO)のことです。

くまおくまお

格安SIM(MVNO)って最近よく聞くんだけど、いまいち意味がわからないんだよね…

ペンドラペンドラ

格安SIM(MVNO)はキャリア(Docomo、au、Softbank)の回線を借りて通信を行っている事業者のことだよ!

つまり、簡単に言ってしまえば、格安SIM(MVNO)は料金の安くなったキャリア(Docomo、au、Softbank)のようなものです。

IIJmio(みおふぉん)の料金プラン

「plan」の矢印

IIJmio(みおふぉん)の料金プランは全部で3種類あり、3GB、6GB、12GBが選択可能です。

以下に音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の料金プランを載せたいと思います。

IIJmio プラン一覧
  • ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円
  • ライトスタートプラン(6GB):2,220円
  • ファミリーシェアプラン(12GB):3,260円

 

データ通信専用SIMもありますが、多くの人が音声通話を使っていることと思いますので、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を選択することになると思います。

プランによって発行できるSIMの枚数が異なる

SIMカードとSIMカッター

IIJmio(みおふぉん)の料金プランは3種類ですが、プランによって発行できるSIMカードの枚数が以下のように異なります。

発行可能なSIMカード枚数
  • ミニマムスタートプラン(3GB):2枚
  • ライトスタートプラン(6GB):2枚
  • ファミリーシェアプラン(12GB):10枚

 

つまり、3人家族以上で利用する場合にはファミリーシェアプラン(12GB)を契約する必要があります。

料金プランに端末の代金は含まれない

料金プランについて1点注意点ですが、上で示した料金プランには端末代は含まれていませんので気を付けてください。

つまり、「スマホ代=通信料+端末代」ということです。

例えば、ミニマムスタートプラン(月額1,600円)を契約していて、新しく購入したスマホが月額あたり1,500円だとすると、「スマホ代=1,600円+1,500円」で月額3,100円ということになります。

当然、今使っているスマホをそのまま利用する場合には端末代がかかりませんので、ミニマムスタートプランであれば月額1,600円から利用可能です。

くまおくまお

スマホ代=通信料+端末代っと(メモメモ)

IIJmio(みおふぉん)の通話料

スマートフォン

IIJmio(みおふぉん)の通話料は「30秒20円」が通常です。

みおふぉんダイヤルを使えば通話料が半額になる。

みおふぉん

みおふぉんダイヤル
開発元:Internet Initiative Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

しかし、プレフィックス発信(特定のアプリを使って、普段使っている電話番号で発信する方式)である「みおふぉんダイヤル(無料)」を利用すれば半額の「30秒10円」で利用することができます。

くまおくまお

プレフィックス発信ってなんだ?

ペンドラペンドラ

普段使っている携帯番号の前に特定の番号をつけて発信する通話方式のことだよ!

プレフィックス発信については、「プレフィックス発信はどうして通話料が安い?」で詳しく説明していますのでよければご覧ください。

みおふぉんダイヤルでは2種類の通話し放題が用意されている

さらに、「みおふぉんダイヤル(無料)」を使うと、追加で月額料金を支払えば、2種類の通話し放題プランを付けることもできるのです!

通話し放題プラン

  • 月額プラス600円:3分(家族の場合10分)かけ放題
  • 月額プラス830円:10分(家族の場合30分)かけ放題

Docomoのカケホーダイライトプラン(5分かけ放題)が月額1,700円であることを考えると、通話料も大幅に節約できることがわかるのではないでしょうか。

くまおくまお

通話料も安くできるなんていいね!

IIJmio(みおふぉん)はDocomo回線・au回線双方を提供!

多くの格安SIM(MVNO)が単一の通信回線しか提供していないのに対し、IIJmio(みおふぉん)はDocomo回線・au回線ともに提供しています。

くまおくまお

Docomoとauの回線を提供してるのが何かメリットになるの?

ペンドラペンドラ

利用用途に合わせて回線を選択できるようになるんだよ!

たとえば、現在Docomoを利用している人であれば、基本的にSIMロック解除をすることなく、IIJmio(みおふぉん)のDプランを使うことができます!

また、au回線も提供していることから、auのVoLTE対応スマホを持っていれば、SIMロック解除をすることによりauのVoLTEを利用することができるのです(IIJmio[みおふぉん]の動作確認端末に限る)。

Softbankの人はSIMロック解除が必要

南京錠

くまおくまお

Softbankの人はどうすればいいんだ?

ペンドラペンドラ

スマホのSIMロック解除をすればAプランでもDプランでも使えるよ!

SIMロック解除については、店舗での手続きとネットでの手続きがありますが、ネットでの手続の方が待ち時間等もなく行うことができるのでオススメです。

IIJmio(みおふぉん)の料金シミュレーション

以下でどのくらい安くなるのかシミュレーションをしてみたいと思います。

4人家族だと1年間で14万円も節約できる!

Docomo IIJmio 費用比較

上のグラフは下記前提条件の下でDocomoのシェアパック(10GB)とIIJmio(みおふぉん)のファミリーシェアプランを比較した図になります。

前提条件
  • 家族4人はDocomoでカケホーダイライトプランを契約中(シェアパック10GB)
  • Docomo with対象機種の使用者は0人
  • 端末代は支払い済み
  • 月あたりのデータ使用量は夫2GB、妻2GB、娘・息子3GBの合計10GB
  • IIJmioで契約するプランはファミリーシェアプラン(音声通話機能付き[みおふぉん]:12GB)
  • 端末は既存のものを使用するものとする
  • 対象期間は乗り換えてからの1年間とする
  • 違約金はかからないものとする

 

ご覧のとおり、1年間でなんと14万円もスマホ代を節約することができるのです!

仮にDocomoから乗り換える時に違約金が発生したとしても、1人あたり9,500円なので十分にスマホ代を節約できることがわかると思います。

また、Docomoで使っていたスマホであればIIJmio(みおふぉん)でもそのまま使える可能性が非常に高いので、端末代にお金をかける必要もなくなります。

もちろん、Docomoで使っていたスマホでもIIJmio(みおふぉん)で使えないスマホもありますので、IIJmio(みおふぉん)の動作確認端末ページで自分の使っているスマホが使えるかどうかの確認を忘れずにしておきましょう。

3人家族でも1年間で12万円も節約できる!

docomo iijmio 費用比較

上のグラフは4人家族の場合と同様の前提条件で比較した場合のグラフになります。

ご覧のとおり、1年間で12万円以上スマホ代を節約できることがわかります。

くまおくまお

IIJmio(みおふぉん)ってすごいんだね!

IIJmio(みおふぉん)のメリット・デメリットまとめ

IIJmio(みおふぉん)に乗り換えるとスマホ代を大幅に節約できることがわかったと思いますので、次はIIJmio(みおふぉん)に乗り換えた場合のメリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

IIJmio(みおふぉん)のメリット

メリット

IIJmioのメリット

  1. SIMカードを最大10枚まで発行できる
  2. 3分かけ放題、10分かけ放題が用意されている
  3. みおふぉんダイヤルで通話料を節約可能
  4. Docomo回線とau回線が選択可能
  5. ヨドバシカメラ等の実店舗で契約可能
  6. 持込みスマホの端末保証オプションがある
  7. データ容量のチャージが可能(1ヶ月3GBまで)
  8. 余ったデータ容量の繰り越しが可能

SIMカードを最大10枚まで発行できる

iphone

IIJmio(みおふぉん)のメリットは何といっても1契約でSIMカードを10枚まで発行できる点にあります。

くまおくまお

1契約でSIMカードを多く発行できるとどんなメリットがあるの?

ペンドラペンドラ

事務手数料を節約することができるんだ!

SIMカードを複数枚発行できると、以下のようなメリットがあります。

  • 1人1契約の時よりもスマホ代を節約できる
  • 事務手数料を節約できる
  • 家族間でデータの融通が利く

2種類のかけ放題プランがある(再掲)

IIJmio(みおふぉん)では格安SIM(MVNO)にしては珍しく、2種類のかけ放題プランが提供されています。

また、提供されているかけ放題プランも、3分(家族の場合10分)かけ放題と10分(家族の場合30分)かけ放題であることから、かなりの通話ニーズを満たすことができているのではないでしょうか。

くまおくまお

じゃあ長時間通話する人はIIJmio(みおふぉん)に乗り換えない方がいいの?

長時間通話をする人の場合、DSDSスマホを利用すればキャリアの通話し放題を維持したままIIJmioに乗り換えることができます!

詳しくは「【まとめ】DSDSスマホのメリット・注意点・対応機種をまとめてみた!」で説明していますので、よければご覧ください。

みおふぉんダイヤルで通話料を節約可能

みおふぉん

みおふぉん
開発元:Internet Initiative Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

「かけ放題プランを付けるほど通話はしないけど、できるだけ通話料を節約したい」という人の場合には、「みおふぉんダイヤル」を利用することにより、通話料を半額にすることができます。

みおふぉんダイヤルはプレフィックス発信という発信方式をとっているため、普段自分が使っている電話番号で電話をすることができるのが大きな魅力です。

くまおくまお

みおふぉんダイヤルを使えば、電話番号そのままで通話料が半額っと(メモメモ)

Docomo回線とau回線が選べる(再掲)

繰り返しにはなりますが、IIJmio(みおふぉん)ではDocomo回線とau回線を選択できる点も大きなメリットとなっています。

例えば、au回線しか提供していない格安SIM(MVNO)を使おうとした場合、Docomoで使っていたスマホはSIMロック解除が必須となりますが、IIJmio(みおふぉん)であればDocomo回線を選択することにより、Docomoで使っていたスマホをSIMロック解除することなく利用することができます。

ヨドバシカメラ等の実店舗で契約可能

IIJmio(みおふぉん)はヨドバシカメラ等の実店舗で契約できるのも大きなメリットといえます。

「実店舗で疑問点を解消しながら購入したい!」という人や「実機に触れながら機種を決めたい!」という人は、店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、ヨドバシカメラの他にも以下の店舗で契約が可能なのは心強いです。

IIJmio 契約可能店舗
  • イオン
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • エディオン
  • ヤマダ電機
  • コストコ

持込みスマホの端末保証オプションがある

画面の割れたスマホ

IIJmio(みおふぉん)では持込みのスマホに端末保証プランをつけることができるのも大きなメリットと言えます。

多くの格安SIM(MVNO)では端末保証プランを提供していない、もしくは新規購入の場合のみ端末保証プランを提供していることが多いのですが、IIJmio(みおふぉん)では昔から使っているスマホを含め、契約時に端末保証オプションをつけることができます。

よくスマホを落としてしまう人などは、契約時に端末保証オプションをつけてみてはいかがでしょうか。

なお、端末保証オプションには2点注意点がありますので、よく確認のうえ申込みをしましょう。

注意点!

  1. SIMカード購入時にしか申込めない
  2. 利用端末の登録をしないと保証が受けられない

余ったデータ容量の繰り越しが可能

IIJmio(みおふぉん)では余ったデータ容量の繰り越しをすることができます。

例えば、ファミリーシェアプラン(12GB)を契約していて、1か月に5GBしか利用しなかった場合には、翌月に使えるデータ容量が19GBになります。

くまおくまお

家族で使う場合だと繰り越し機能は便利だね!

ペンドラペンドラ

そうだね!

IIJmio(みおふぉん)のデメリット

デメリット

IIJmio(みおふぉん)に乗り換えるとスマホ代を大幅に節約でき、よいことが沢山あるようにも思えますが、当然のようにデメリットも存在します。

以下では、そんなIIJmio(みおふぉん)のデメリットについて説明していきたいと思います。

IIJmioのデメリット

  1. 時間帯によっては通信速度が遅い
  2. (音声通話SIMの場合)1年間は違約金がかかる
  3. キャリアメールが使えない
  4. 通話料が高くなる
  5. 低速モードに速度制限がある

それでは、1つずつ詳しく見ていきたいと思います。

時間帯によっては通信速度が遅い

通信速度 遅い

IIJmio(みおふぉん)の通信速度は、キャリア(Docomo、au、Softbank)に比べるとどうしても遅くなってしまいます。

IIJmio(みおふぉん)を利用している場合、最も通信速度が遅くなる平日の昼間だと、通信速度が1Mbps程度しか出ません。

くまおくまお

1Mbpsってどのくらいの通信速度なんだ?

ペンドラペンドラ

ネットサーフィンや通常画質の動画であれば問題なく閲覧できるくらいかな!

平日の昼時に通信速度を計測しましたので、以下でその結果を掲載したいと思います。

IIJMIO 速度計測結果(平日昼間)

ご覧のとおり1Mbps程度は通信速度が確保できていることがわかると思います。

くまおくまお

1Mbpsって言われてもどのくらいの速度なのかわからないな…

以下でどのくらいの通信速度でどのくらいのことができるのか、僕自身の体感にはなりますがまとめたものがありますので参考に載せたいと思います。

  • ~0.1Mbps:スマホが使い物にならない。
  • 0.1Mbps:LINEのやり取りや画像の少ないサイトを閲覧をする程度であれば問題なくできる。
  • 0.5Mbps:画像が少しだけあるサイトであればスムーズに閲覧ができる。
  • 1Mbps;画像が多めのサイトや、youtubeの動画を中程度の画質であれば見ることができる。
  • 5Mbps:youtubeの動画をきれいな画質で見ることができる。
  • 10Mbps:アプリのダウンロードがスムーズに完了する。
  • 15Mbps~:パソコンでオンラインゲームなどをやらない限り支障は出ない。

 

上の表からも、キャリア(Docomo、au、Softbank)に比べれば通信速度は遅いものの、通常使用するうえでストレスが溜まるほどの通信速度ではないということがわかると思います。

ただ、平日の昼時に画像が極端に多いサイトやキレイな画質で動画を閲覧することは難しいので、そのあたりはしっかりと理解しておきましょう。

なお、平日の昼時以外であれば、画像の多いサイトやキレイな画質で動画を閲覧することも十分に可能ですのでその点はご安心ください。

(みおふぉんの場合)1年間は違約金がかかる

最低利用期間

IIJmio(みおふぉん)では音声通話機能付きSIM(みおふぉん)に1年間の違約金が設定されています。

そのため、「お試しで使ってみたい!」という人で「使ってみたら不満が多かったのでやっぱり解約したい」というような人の場合、違約金がかかってしまいますので注意が必要です。

「どうしても違約金を発生させないで試しに使ってみたい!」という人は、ひとまずデータ通信専用プランを契約してみましょう。

データ通信専用プランであれば、違約金もかかりませんし、「継続して使えそう!」と思った場合には、IIJmioのデータ通信専用プランを音声通話機能付きプラン(みおふぉん)に変更のうえMNPすることができます。

キャリアメールが使えない

IIJmio(みおふぉん)は格安SIM(MVNO)であるため、キャリアメール(~~@docomo.ne.jp、~~@ezweb.ne.jp、~~@softbank.ne.jp)を使うことができません。

そのため、キャリアメールに代わるものとして、フリーメールアドレス(Gmail、Yahoo!Mailなど)を使うことになります。

キャリアメールは使えなくなってしまいますが、スマホ利用者の大半がLINE等のSNSを利用していますので、これらを活用すれば友人とのやり取りに困ることはないかなと思います。

なお、「どうしてもキャリアメールを残したい!」という人の場合、IIJmio(みおふぉん)に普通に乗り換える場合と比べやや金額が高くなりますが、方法がないわけではありません。

詳しくは「DSDSスマホを使えばキャリアメール残しで格安SIMが使える!?」で紹介していますので、よければご覧ください。

通話料が高くなる?

頭を抱える男性

IIJmio(みおふぉん)だと、通話料は基本30秒20円になることから、長電話をすることが多い人の場合どうしても通話料が高くなってしまいます。

くまおくまお

じゃあ長電話が多い人はIIJmio(みおふぉん)に乗り換えない方がいいの?

ペンドラペンドラ

DSDSスマホを活用すれば、長電話が多い人でもIIJmioに乗り換えることによりスマホ代を節約することが可能だよ!

DSDSスマホを活用すれば、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話し放題を維持したままIIJmioに乗り換えることができるため、キャリア(Docomo、au、Softbank)利用時よりもスマホ代を節約することができます。

DSDSスマホについては、「【まとめ】DSDSのメリット・注意点・対応機種をまとめてみた!」で詳しく説明していますので、よければご覧ください。

低速モードに速度制限がある

IIJmio(みおふぉん)では低速モード利用時にも速度制限があります。

実は、IIJmio(みおふぉん)では高速通信のデータ容量を使い果たすと低速モードに移行するのですが、低速モードでもバースト機能が備わっていることから、LINEのやり取り程度であれば問題なく行うことができます。

くまおくまお

バースト機能ってなんだ?

ペンドラペンドラ

データ読み込み時に、一定のデータ容量を上限に読み込みの初期段階で高速通信が行われる機能のことだよ!

しかし、低速モードに移行後、一定以上のデータ容量を使ってしまうと低速モードでさらに速度制限がかかり、バースト機能さえも使えなくなってしまいます。

つまり、簡単に言えば、バースト機能がなくなった後の低速モードはまったくもって使い物にならないということです。

「低速モードでもバースト機能をフル活用して使いたい!」と思っている人の場合、途中からバースト機能が使えなくなってしまいますので注意が必要です。

IIJmio(みおふぉん)のネット上の評判・口コミは?

料金に関する評判・口コミ

男性男性

キャリア利用時は月額8,000円ほどかかっていましたが、IIJmioに乗り換えたことにより月額2,500円~3,000円程度に収まるようになりました!キャリアの違約金は数か月も利用すれば回収することができるので、早めに乗り換えたほうが良いと思います。

女性女性

家族3人でauを利用していた時には月額25,000円ほど支払っていましたが、IIJmioに乗り換えてからは月額4,000円台で済むようになりました。ファミリーシェアプランで家族のSIMカードをシェアできているのでこの価格で使えているのだと思います。

IIJmio(みおふぉん)の料金については良い評判・口コミが多かったです。

また、家族でシェアSIMを活用して使っているという口コミも多くありましたので、IIJmio(みおふぉん)は家族での使用に特に向いていることがわかります。

僕自身、家族とIIJmio(みおふぉん)のSIMカードをシェアしていますが、上記の口コミのとおり、家族のスマホ代を安くするのであれば、IIJmio(みおふぉん)の使用がオススメです。

通信速度に関する評判・口コミ

男性男性

mineo、umobileとIIJmioを併用して使っていますが、IIJmioの通信が1番安定しているように思えます。昼頃の混雑する時間帯は遅くなりますが、ネットの閲覧程度なら問題ないです(mineo、umobileは閲覧できないこともある)。

上記のように、通信速度がそこまで必要ないものであれば問題なくできているようです。

僕自身もIIJmio(みおふぉん)を利用していますが、平日の昼時でも動画を視聴しなければ問題ありません。

ただ、キャリアの時と比較すると、サイトを開くスピードは確実に遅くなりますので、その点は理解したうえで申込みをするようにしてください。

また、通信速度については以下のような口コミもありました。

女性女性

なぜかわかりませんが、勝どき駅と東陽町駅から門前仲町駅の間では通信を一切できません。上記の駅でネットを利用する予定のある人は注意が必要です。

僕自身、IIJmio(みおふぉん)を利用していて上記のような経験をしたことがないのでわかりませんが、勝どき駅と東陽町~門前仲町の間は通信ができないようです。

通勤で東西線や大江戸線の該当区間を利用する人は注意しましょう。

通話音質に関する評判・口コミ

男性男性

通話のつながりに関しては特段不満はありません。

IIJmio(みおふぉん)について通話品質は悪くないようです。

IIJmio(みおふぉん)の通話について、口コミがほとんどなかったことから推測すると、おそらく何の不満もなく使えているということなのだと思います(不満があれば口コミにも記載があるはずなので…)。

僕自身もIIJmio(みおふぉん)の通話を利用していて、特段不満に思ったことはありません。

アフターサポートに関する評判・口コミ

女性女性

サポートセンターの対応が良くないです。専門用語を多用するうえ、こちらが理解できていないと「そんなこともわからないのか」といったような口調で応対してきます。何人かオペレーターがいるようですが、どの人も対応が良くなく残念です。

男性男性

サービスはすごく良いのに、アフターサポートが良くないので非常に勿体ないです…。もう少し改善することはできないのでしょうか。

アフターサポートについては難ありといったところのようです。

「アフターサポートが良くない」といった口コミは相当数ありましたので、アフターサポートを必要とする人は他の格安SIM(MVNO)を選択したほうがよさそうです。

IIJmioで購入できるスマホは?

IIJmio(みおふぉん)で購入できるスマホは多くありますが、コミコミセットで申込めるスマホと申込めないスマホがありますので、以下で2つに分けて説明したいと思います。

コミコミセットで購入できるスマホ

コミコミセットで購入できるスマホは以下のとおりです。

  • HUAWEI nova lite2
  • ASUS Zenfone4 Max
  • SHARP AQUOS sense lite
  • ASUS Zenfone4 Selfie
  • 富士通 arrows M04
  • HUAWEI honor9
  • ASUS Zenfone4カスタマイズ
  • Trinity NuAns NEO(Reloaded)

コミコミセットは端末代もコミコミの料金プランのこと

くまおくまお

そもそもコミコミセットってなんだ?

ペンドラペンドラ

コミコミセットは端末代も含めた料金プランのことだよ!

通常、格安SIM(MVNO)でスマホ代といった場合、「通信料+端末代」であることは先ほど説明したとおりですが、このコミコミセットの場合は、料金が端末代込みになっているため、「スマホ代=コミコミセットの代金」ということになります。

コミコミセットには3つの料金が用意されている

コミコミセットでは以下の3つの料金プランが用意されていて、料金プランよって選べるスマホが異なります。

  • 月額1,880円セット(nova lite2、Zenfone4 Max)
  • 月額2,480円セット(AQUOS sense lite、Zenfone4 Selfie、arrows M04)
  • 月額2,980円セット(honor9、Zenfone4カスタマイズ、NuAns NEO)

 

もちろん、料金プランが高いものほど高性能なスマホを選択することができます。

コミコミセットで購入できないスマホ

IIJmio(みおふぉん)で購入できるが、コミコミセットで購入できないスマホは以下のとおりです。

  • ASUS Zenfone5(5Q):
  • ASUS Zenfone Max Plus
  • KYOCERA DURA FORCE PRO
  • CAT S41(S60)
  • SHARP AQUOS R Compact
  • HUAWEI Mate10 Pro
  • Motorola Moto G5s(G5S+)
  • Motorola Moto X4
  • ZTE Blade V8
  • ONKYO GRANBEAT
  • NEC Aterm MR05LN
  • Alcatel IDOL4

 

ご覧のとおり、新しいモデルのスマホも1つ前のモデルのスマホもあり、また価格の安いスマホから高いスマホまで幅広く揃えているのがIIJmio(みおふぉん)の強みです。

コミコミセットの口コミ・評判は?

コミコミセットの口コミ・評判がどうであるかについて以下で見ていきたいと思います。

男性男性

他の格安SIMで提供されているコミコミセットがぼったくりであることを考えると、IIJmioのコミコミセットは良心的です。コミコミセットで購入したとしても、「IIJmioの契約+端末購入」を別々で行った場合より少しではありますが安く使うことができます。

格安SIM(MVNO)が提供するコミコミセット自体の口コミがあまり良くない中でIIJmio(みおふぉん)のコミコミセットは評価する口コミがあることから良心的であると言えそうです。

また、以下のような口コミも中にはありました。

女性女性

コミコミセットは3つの料金プランで提供されていますが、しっかりと端末を選ばないと損することもあるので注意が必要です。コミコミセットで購入する前に端末のスペックと料金だけもチェックするようにしましょう。

端末の価格は幅広いにもかかわらず、コミコミセットは3つのプランしか用意されていないため、当然のように相対的にお得な端末と損な端末があります。

例えば、月額2,980円セットで提供されているHUAWEIのhonor9は定価が53,800円であるのに対し、TrinityのNuAns NEO(reloaded)は定価が49,800円とhonor9に比べ4,000円安くなっています。

つまり、価格だけ見ればhonor9を購入したほうがお得ということになります。

ただ、「価格は高いが安いスマホに比べ性能がやや劣っているスマホ」というのも中には存在しますので、しっかりと端末のスペックはチェックするようにした方が良いでしょう。

くまおくまお

端末の価格とスペックは要確認っと(メモメモ)

他にも以下のような口コミもありました。

男性男性

今格安SIMに乗り換えている人はスマホに疎い人が多いので、コミコミセットのような料金プランの方がかかる金額が明確に示されているため良いかもしれません。

上の口コミからもわかるように、コミコミセットは「格安SIMが巷で話題だけど、通信の話題に疎いしついていけない…。でも、スマホ代は安く済ませたい!」という人にとって最適の選択肢と言えそうです。

コミコミセットの申込み方法は?

くまおくまお

あんまりスマホ関係に詳しくないからコミコミセットにしようと思うんだけど、どうやって申込めばいいの?

コミコミセットについては、下記ページから申込みが可能です。

なお、申込んだ後の作業については当ページの「乗り換え方法」の所で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。

IIJmio(みおふぉん)はどんな人にオススメ?

IIJmio(みおふぉん)をオススメできるのはこんな人!

IIJmioを使った方がいい人

  • スマホ代を安くしたい人
  • 家族まとめての乗り換えを検討している人
  • かけ放題プランを使いたい人

IIJmio(みおふぉん)の魅力は、繰り返しにはなってしまいますが、やはりSIMカードを最大で10枚(音声通話機能付きSIMは5枚)まで発行できる点でしょう。

そのため、家族まとめての乗り換えを検討している人であれば、かなりオススメの格安SIM(MVNO)であるといえます。

また、2種類のかけ放題プランを用意している数少ない格安SIM(MVNO)であることから、1回の通話時間が固定されているような人にもIIJmioはオススメです。

こんな人にはIIJmio(みおふぉん)をオススメできない!

IIJmioを使わない方がいい人

  • アフターサポートが必須な人
  • バースト機能をフルに活用したい人
  • 小容量のプランを契約したい人

やはり、アフターサポートが必須な人の場合にはIIJmio(みおふぉん)をオススメすることはできません。

とは言っても、IIJmio(みおふぉん)のサポートセンターの対応が良くないだけですので、Yahoo!知恵袋などを使って質問することができるレベルの理解度であれば、問題なく利用することはできると思います。

また、IIJmio(みおふぉん)では3GBより小容量のプランを提供していないことから、1GBのデータ容量で十分な人の場合には他の格安SIM(MVNO)を契約したほうが満足できることと思います。

IIJmio(みおふぉん)への乗り換え・MNP方法は?

step up

まずは、IIJmio(みおふぉん)へ乗り換えるためにどのようなステップがあるのか、全体を見ていきたいと思います。

【まとめ】IIJmioへの乗り換え方法
  1. キャリア(Docomo、au、Softbank)でMNP予約番号を取得する
  2. IIJmioで音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を申込む
  3. (SIMカードが届いたら)MNP転入手続きを行う
  4. SIMカードをスマホに挿入する
  5. APN設定を行う
  6. 作業完了!

はMNPをする人のみ作業が必要になる項目

 

くまおくまお

これなら僕でも乗り換えできそうだ!

それでは1つずつ見ていきましょう。

Step①:キャリアでMNP予約番号を取得する

MNPする人のみが必要な作業にはなりますが、まずはキャリアでMNP予約番号を取得しましょう!

MNPって何?

くまおくまお

MNPって初めて聞いたんだけど、何のことだ?

MNPを理解するために、まずは英単語の意味を考えていきましょう。

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、「Mobile Number」が携帯電話番号を意味し、「Portability」が携帯できること、つまり今回に限っていえば移し替えができることを意味します。

二つの意味をつなげたうえで日本語で言うなら、携帯電話番号の移し替えができること、つまり携帯電話会社を変えたとしても電話番号をそのまま使うことができる制度ということです。

くまおくまお

携帯電話番号がそのままで乗り換えできるのはとても助かるね!

MNP予約番号は2種類の方法で取得できる!

MNP予約番号は2種類(Docomoの場合3種類)の方法で取得することができます。

MNP予約番号の取得方法
  1. 各キャリアの受付窓口へ連絡する
  2. 各キャリア店に行く
  3. (Docomoの場合)インターネットで申込む

 

「2.各キャリア店に行く」場合だと、待ち時間も発生し、あまり効率的ではないので、基本は「1.各キャリアの受付窓口へ連絡する」のが最善です。

くまおくまお

各キャリアの受付窓口っていうのは、自分のよく行っている店舗に電話かければいいってこと?

ペンドラペンドラ

違うよ!MNP予約番号を取得できる電話番号が各キャリアで用意されているから、そこに電話かけるんだよ!

各キャリアの電話番号は以下のとおりです。

  1. Docomo :0120-800-000(受付:9時~20時)
  2. au:0077-75470(受付:9時~20時)
  3. Softbank:0800-100-5533(受付:9時~20時)

 

なお、Docomo利用者の場合はインターネットでの申込も簡単ですので、利用してもいいと思います(申込み方法については、「【画像で解説】DocomoのMNP予約番号入手方法(インターネット手続)」を参考にしてください)。

Step②:IIJmioで音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を申込む

契約書と朱肉

MNP予約番号の取得が完了したら、IIJmioで音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を申込みましょう。

IIJmioの公式ページは以下のページになりますので、アクセスして申込みを進めましょう!

公式ページ:https://www.iijmio.jp/

ホームページアクセス後は、手順に従って申し込みを行えばOKです。

IIJmio ホームページ

赤枠部分(「ご購入お申し込み」ボタン)をクリックのうえ、情報の入力を進めていきましょう。

Step③:MNP転入手続きを行う

Step3についてもMNPする人のみが行う作業にはなりますが、Step2で申込んだSIMカードが手元に届いたら、MNP転入手続きを行いましょう。

MNP転入手続きについては、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)が入っていた封筒にIIJmioオンデマンド開通センターへの連絡先が記載されている書類が入っていますので、IIJmioオンデマンド開通センターに連絡をし、開通手続きを行ってください。

なお、この時にSIMカードの識別番号下4桁が必要になりますので、手元に控えておきましょう。こんな感じのやつです。

SIMカード IIJmio

上の画像でいうと、識別番号は「GD~」で始まっているものですね。

なお1点注意点ですが、IIJmioオンデマンドセンターへの連絡は、従前のSIMカード(=キャリアのSIMカード)で行うようにしてください!

くまおくまお

MNP転入手続の電話はキャリアのSIMカードで行うっと(メモメモ)

Step④:SIMカードをスマホに挿入する

スマホにSIMピンを挿入

それではいよいよ、SIMカードをスマホに挿入しましょう!

くまおくまお

あれ、SIMトレイが出てこないぞ…。困ったな…

SIMカードはスマホの側面についているSIMトレイを取り出して挿入するのですが、はじめて作業をする人だと戸惑う人も多いと思いますので、以下を参考にしてください。

スマートフォンとSIMピン

SIMカードを挿入するのに必要なのは、スマホ本体とSIMピンです。なお、SIMピンがない場合には、ゼムクリップの先等でも代用が可能です。

 

SIMトレイ取り出し前

スマホの側面を見ると赤枠部分のように、何かを挿し込めるような穴が開いていると思います。ここにSIMピンを挿し込んでSIMトレイを取り出します。

くまおくまお

SIMピンを挿入っと。あれ、SIMトレイが出てこないぞ!?

ペンドラペンドラ

SIMトレイは思っているよりも力を入れないと出てこないから気を付けてね!

くまおくまお

じゃあ少しSIMピンに力を入れて押してみよう…。あっ!SIMトレイが出てきた!

 

SIMトレイ取り出し後

SIMピンに少し力を加えて押すと上の画像のようにSIMトレイが出てきます。あとはSIMトレイを手で引っ張って取り出せばOKです。

 

SIMトレイ(SIMカード有)

取り出したSIMトレイにSIMカードを載せ、元の箇所に挿入します。

以上でSIMカードの挿入は完了です!

Step⑤:APN設定を行う

スマートフォンとアプリ

スマホにSIMカードを挿入しただけではデータ通信を行うことはできません。

そこで、スマホでデータ通信を行うためにAPN設定を行いましょう。

くまおくまお

APN設定って何か難しそうだな…。僕にもできるかな…

ペンドラペンドラ

APN設定はすごく簡単な作業だから安心してね!

APN設定の作業自体はすごく簡単で、ものの1分もあれば終わってしまいます!

ただ、ここで詳しい設定方法を説明してしまうと、文章が長くなってしまいますので、「【画像で解説】APN設定の方法とは?」をご覧ください。

まとめ

今回はIIJmio(みおふぉん)についてまとめて説明してきました。

上記内容を読んで、「これなら私の使い方には十分!」と感じた人であれば、満足のいく格安SIM(MVNO)の選択をすることができると思いますので、ぜひIIJmio(みおふぉん)への乗り換えを検討してみてください!