ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はキャリア(Docomo、au、Softbank)の違約金について説明していきたいと思います。

キャリア(Docomo、au、Softbank)からIIJmio(みおふぉん)やmineoのような格安SIM(MVNO)に乗り換える時の大きな足かせとなっているのがキャリアの違約金です。しかし、実際自分がキャリアを解約した場合にどのくらいの違約金がかかるのか正確に把握できていない人が多いように感じます。

そこで、それぞれのキャリア(Docomo、au、Softbank)の違約金がいくらであるかこのページでまとめていきたいと思います。

Docomoの違約金はいくらかかる?

Docomoの違約金には大きく分けて2つの種類があります。

1つはプランの解約にかかる違約金、もう一つは月々サポートの解約にかかる(実質的な)違約金です。

プランの解約にかかる違約金について

Docomoのプランの解約にかかる違約金については原則9,500円です。

また、他サイトではXiデータプラン2年の違約金が利用期間に応じて9,500円~25,600円かかると説明しているサイトもありますが、この説明は半分合っていて半分間違っています。

くまおくまお

どういうこと?

確かにXiデータプラン2年では、利用期間に応じて9,500円~25,600円の違約金がかかるのでこの点は半分合っている点です。しかし、Xiデータプラン2年は2014年8月31日をもって提供を終了しているので、2014年8月31日から2年経過した2016年8月31日以降、つまり今現在違約金が9,500円より多くかかる人はいないのです!この点が半分間違っている点になります。

くまおくまお

要するにDocomoの場合は違約金が9,500円かかるってことでいいんだよね?

ペンドラペンドラ

そうだね!ただ、プランや利用年数によっては違約金が9,500円よりも安く設定されていることもあるんだ!

例えば、タイプXi2年を10年以上継続利用している人だと、違約金は3,000円になります。ほかにもこのようなパターンは数パターンありますが、かなりレアなパターンなので、大多数の人は違約金が9,500円かかると思ってもらうのが無難です。

また、Docomoのプラン解約にかかる違約金ついては、契約更新月に設定されている2か月間に解約をすれば違約金はかかりません。

月々サポートの解約にかかる(実質的な)違約金

月々サポートの解約にかかる(実質的な)違約金は購入したスマホの代金と月々サポートの割引を受けた期間によって大幅に金額が変わります。

まず、月々サポートについて説明していきたいと思います。月々サポートとはスマホ代金の内の一定額を24か月間にわたり通信料から割り引く制度で、この制度を利用することにより、実質スマホの代金が0円になることが多いです(スマホによっては実質0円にはならない場合もあります)。

つまり、24か月間利用することによってスマホ代金の割引を受けることになるので、途中で解約してしまうと残りのスマホ代は一括で支払わなければならないのです!このスマホ代が違約金と同じような性質を持っていることになります。

わかりづらいと思いますので具体例で説明をしましょう。

Aさんは48,000円のスマホを契約し通信料が月額6,000円かかっているとします。まず初めにスマホ代金を24か月で分割してみましょう。そうすると、48,000円÷24か月で2,000円になります。つまり、Aさんはスマホ代も含めて月額8,000円の通信料を支払っていることになります。

しかし、月々サポートに入ることによりスマホ代金は毎月の通信料から割り引かれます。上の例でいえば毎月2,000円安くなって月額6,000円になるというような状況です。

Aさんは格安SIM(MVNO)に乗り換えるため、12か月経過した時点でDocomoを解約することとしました。この場合、残りの12か月分の月々サポート代金(=スマホの残代金)24,000円(2,000円×12か月)は解約するときに一括で支払わなければなりません。

くまおくまお

そういうことか!月々サポート恐るべし…。

ペンドラペンドラ

高価なスマホで月々サポートを受けている人や、月々サポートを受けてから数か月しか経過していないような人だと、スマホ代がかなり残っていることになるから注意が必要だよ!

それでは次にauの違約金について見ていきましょう。

auの違約金はいくらかかる?

次はauの違約金がいくらかかるのかを見ていきたいと思います。

auの違約金については、プランの解約に伴う違約金と毎月割の解約に伴う(実質的な)違約金があります。

プランの解約にかかる違約金について

auのプランの解約にかかる違約金については、Docomoと同じように原則9,500円です。ただし、auの加入年数が11年以上で「2年契約(誰でも割)」と「家族割」の両方に加入している場合には違約金が3,000円になります。

くまおくまお

違約金はDocomoの場合と同じってことか(メモメモ)

毎月割の解約に伴う(実質的な)違約金について

auではDocomoの月々サポートと同じようなものを「毎月割」という名称で行っています。

勘の鋭い方ならもうわかっていることと思いますが、基本的に仕組みはDocomoの月々サポートと同じで、スマホ代金の内の一定額を24か月にわたりスマホ代から割り引く制度です(Docomo同様、実質0円にならないこともあります)。

つまり、24か月経過前にauを解約すると、スマホ代の残代金分は一括で支払う必要があります。詳細についてはDocomoの月々サポートのところで説明していますので、そちらをご覧ください。

なお、auについても契約更新月に解約をすれば違約金はかかりません。

Softbankの違約金はいくらかかる?

次はSoftbankの違約金がいくらかかるのかについて見ていきたいと思います。

Softbankの違約金については、プランの解約に伴う違約金と月月割の解約に伴う(実質的な)違約金があります。

くまおくまお

もしかして、Docomo、auと同じってことなのか…?

ペンドラペンドラ

くまおくん鋭いね!違約金については大まかに言えばDocomo、auと同じなんだよ!

プランの解約にかかる違約金について

Softbankのプランの解約にかかる違約金については、Docomo、auと同じように原則9,500円です。ただ、Softbankの場合は1点注意点があり、USIM単体契約(スマホを持ち込んでSIMカードのみ契約)の場合、3か月以内に解約すると19,800円違約金がかかります。

同じようにスマート一括プランを契約している場合、3か月以内に解約すると24,500円の違約金がかかりますのでご注意ください。

なお、USIM単体契約もスマート一括プランも3か月経過後に解約する場合には、違約金は9,500円になります。

月月割の解約に伴う(実質的な)違約金について

SoftbankではDocomoやauと同じように月月割という名称でスマホ代の割引を行っています。

くまおくまお

Docomo、au、Softbank、どのキャリアもやることは同じなんだねぇ

もうわかっていることと思いますが、基本的にDocomoの月々サポートやauの毎月割と全く同じです。

詳細を知りたいという人は、上記のDocomoの月々サポートについて説明している箇所をご覧ください。

まとめ

今回はキャリア(Docomo、au、Softbank)の違約金について説明してきました。

内容をまとめると以下のとおりです。

まとめ
  • キャリア(Docomo、au、Softbank)の違約金は原則9,500円
  • 一定の条件を満たしていれば9,500円より安くなることもある
  • Softbankは違約金が9,500円を上回るパターンもあるので注意が必要

 

また、キャリアには違約金とは別に契約更新月という厄介なものがあります。契約更新月については「キャリアの契約更新月を把握するには?」で解説していますので、よければご覧ください。