ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はIIJmioのオプションプランとして用意されている20GBが他の格安SIM(MVNO)と比べてお得であるかどうかについて説明していきたいと思います。

IIJmio(みおふぉん)のオプションプランとは?

IIJmio(みおふぉん)のオプションプランは2プランある

「plan」の矢印

IIJmio(みおふぉん)では通常プランが3つ(3GB、6GB、12GB)しか用意されていませんが、代わりにオプションプランとして20GBと30GBが用意されています。

20GBと30GBはオプションプランであるため、それ単体を契約することはできないので、通常プランに追加する形になります。

つまり、20GBのオプションプランを通常プランに付けた場合、23GB(3GB+20GB)、26GB(6GB+20GB)、32GB(12GB+20GB)になるということです。

20GBは通常プランに+3,100円で利用可能

IIJmio(みおふぉん)の20GBオプションプランについては、通常のプランに+3,100円でつけることができます。

仮に音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を利用していた場合、下記の価格になります。

IIJmio 料金例
  • ミニマムスタートプラン+オプションプラン(合計23GB)
    ⇒月額4700円~
  • ライトスタートプラン+オプションプラン(合計26GB)
    ⇒月額5,320円~
  • ファミリーシェアプラン+オプションプラン(合計32GB)
    ⇒月額6,360円

他の格安SIMの大容量プランと比べると?

スマホとクエスチョン

IIJmio(みおふぉん)の20GBオプションプランを使った場合の金額がわかったことと思いますので、次は他の格安SIM(MVNO)の大容量プランと比べて価格が安いのかどうかについて説明していきたいと思います。

IIJmio(みおふぉん)はかなり安い方に分類される

それでは、以下で20GBのプランを提供している格安SIM(MVNO)を示したいと思います(全て音声通話SIMを利用する場合になります)。

  • BIGLOBEモバイル:月額5,200円
  • DMM mobile:月額4,680円
  • mineo:月額4,590円
  • OCNモバイルONE:月額4,850円
  • 楽天モバイル:月額4,750円

 

IIJmio(みおふぉん)の場合利用できるデータ容量が23GBで月額4,700円のため、格安SIM(MVNO)の中でもかなり安い価格帯に分類されることがわかるのではないでしょうか。

申込み方法はどうなっている?

契約書と朱肉

申込み方法は新規で契約する場合と、既に契約している場合で異なりますので、以下順を追って説明していきたいと思います。

新規の場合は通常プランの申込みと同時に行う

新規で契約する場合は、通常プランを申込むのと併せてオプションプランを申込む形になります。

申込み画面にオプションプランがありますので、忘れずにチェックを入れるようにしましょう。

IIJmio 申込み画面

既に契約している場合はマイページから申込む

既に契約している場合はマイページから申込むことができます。

マイページにログインするためにはmioID及びmioパスワードが必要になりますので、手元に控えておきましょう。

くまおくまお

mioIDなんて忘れちゃったな…どうすればいいんだろう…

mioIDを忘れてしまった人は「mioID・mioパスワードを忘れてIIJmioにログインできない!~解決方法はある?~」を参考に作業を進めてください。

なお、マイページにログイン後は下記画面から申込みをすることができます。

IIJmio オプションプラン追加画面

まずは、「大容量オプションの追加・解約」をタップします。

 

IIJmio マイページ

次に申込むデータオプションを選択し、次の画面に進みます。

 

IIJmio マイページ

① 注意事項を読んだうえでチェックをつけます。

② 「設定変更をお申し込み」をタップします。

以上で作業は完了です!

【参考】WiMAX2+と比べると?

IIJmio(みおふぉん)の20GBは格安SIM(MVNO)の中ではかなり安い価格帯に属することがわかりましたが、WiMAX2+と比べた場合にはどうなのでしょうか。

以下で比較してみたいと思います。

WiMAX2+の方が高速かつ安価

WiMAX2+を使った方がより高速通信をすることもできますし、以下のとおりIIJmio(みおふぉん)に比べ通信費を節約することもできます。

  • WiMAX2+(データ使い放題)
    ⇒月額約3,500円
  • IIJmio(23GB)
    ⇒月額4,700円

 

そのため、データをたくさん使う人で、かつ高速通信が必須な人はWiMAX2+を使った方が満足できるはずです(WiMAX2+であれば、格安SIMの通信速度が遅くなる平日の昼間でも高速通信が可能です)。

ただ、WiMAX2+を使う場合以下のようなデメリットもありますので、デメリットをしっかりと認識したうえでWiMAX2+を申込むようにしてください。

WiMAX2+のデメリット

  1. 地下や屋内(奥まった場所)では電波が入りづらい
  2. ルーターを追加で持たなければならない
  3. ルーターの近隣にいない人はりようできない

なお、WiMAX2+については「WiMAX2+のメリットとは?」や「WiMAX2+のデメリットとは?」で詳しく説明していますので、興味のある方はご覧ください。

WiMAX2+はBIGLOBE WiMAXがオススメ

くまおくまお

WiMAX2+っていろんな会社が提供しているみたいなんだけど、どれがオススメなの?

ペンドラペンドラ

BIGLOBE WiMAXがオススメだよ!

WiMA2+は様々なプロバイダが提供していますが、僕自身がオススメをしているのはBIGLOBE WiMAXです!

理由は2点あり、通信が安く、キャッシュバックの受け取りが容易であるからです。

なお、オススメのプロバイダについて詳しく知りたい人は「オススメのWiMAX2+プロバイダは?」で説明していますので、よければご覧ください。

まとめ

今回はIIJmio(みおふぉん)の20GBプランが他の格安SIM(MVNO)と比べお得であるかどうかについて説明し、また申込み方法についても併せて説明してきました。

今回の内容をまとめると以下のとおりです。

まとめ

  • IIJmio(みおふぉん)の20GBは他の格安SIMと比べても安い
  • WiMAX2+を利用したほうがIIJmio(みおふぉん)よりも大容量プランをお得に使える
  • WiMAX2+の方がIIJmio(みおふぉん)より通信速度が高速である
  • オススメのWiMAX2+プロバイダはBIGLOBE WiMAXである

それでは、快適なIIJmio(みおふぉん)&WiMAX2+ライフをお送りください!