ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDSスマホに音声通話SIMを2枚入れた場合どうなるかについて説明していきたいと思います。

DSDSスマホとは?

スマホとクエスチョン

まずおさらいにはなりますが、DSDSスマホについて説明していきたいと思います。

DSDSスマホとは2枚のSIMカードを同時に挿入することができて、かつ2枚同時にスタンバイ状態にできるスマホのことです。

DSDSスマホのよくある使用方法としては、格安SIM(MVNO)のデータ通信専用SIM(またはSMS機能付きSIM)とキャリア(Docomo、au、Softbank)の音声通話SIMを組み合わせた使い方があります。

しかし、人によっては、音声通話SIMを2枚挿入したいという人もいると思います。

具体的には、個人事業主で仕事用とプライベート用の電話番号を分けて使いたい人などがDSDSスマホに音声通話SIMを2枚挿入したい人の例として当てはまるでしょう。

では、実際音声通話SIMを入れるとどのようなことが起きるのか以下で見ていきたいと思います。

電話を受信するときはどうなる?

まず気になる点は電話を受信するときです。

結論から言ってしまえば、どちらの電話番号に電話がかかってきたとしても問題なく受信することができます。

くまおくまお

通話中は通話していない方のSIMカードでは通信ができないんだよね?

ペンドラペンドラ

そうだね!

詳しくは「DSDS、DSDAとは?」で説明していますが、DSDSスマホの場合、片方のSIMで通信をしている間はもう片方のSIMで通信を行うことができません。

つまり、片方のSIMでデータ等をダウンロードしている最中に、もう片方のSIMに通話がかかってきた場合には、データのダウンロードが中断されてしまいます。

電話を発信するときはどうなる?

次に電話を発信するときについてみていきたいと思います。

結論から言ってしまえば、電話の発信は2枚のSIMどちらの電話番号でも行うことができます。

くまおくまお

電話を発信するときの電話番号はどうやって決まるの?

2枚の音声通話SIMを入れているので、どちらの電話番号で発信されるのかわからなくて不安という人もいると思いますが、DSDSスマホの場合、その都度発信する電話番号を選択できるので、心配する必要はありません。

dsds 電話発信画面

上の図はDSDSスマホであるHuawei novaの発信画面になりますが、赤枠部分のとおり、どちらの電話番号で発信をするのかを選択することができます。

発信の仕方も簡単で、電話番号を入力した後、発信する電話番号(上の図でいう赤枠部分のいずれか)をタップするだけです。

DSDSスマホでVoLTEは使える?

次に、DSDSスマホでVoLTEが使えるかどうかを見ていきたいと思います。

使えるかどうかはスマホ次第

結論から言ってしまえば、VoLTEが使えるかどうかは使っているスマホ次第になります。

というのも、VoLTEを使うためには、携帯電話網の中にあるVoLTE専用の通信設備にアクセスすることが必要不可欠になるのです。

また、VoLTE専用の通信設備は通常のスマホの機能ではアクセスすることができず、専用の機能を備えていなければアクセスすることができません。

つまり、VoLTE専用の通信設備にアクセスできるスマホがVoLTE対応スマホとして販売されていて、VoLTE専用の通信設備にアクセスできないスマホがVoLTE対応スマホとして販売されていることになります。

さらにややこしいことに、VoLTEはVoLTEでも、キャリア(Docomo、au、Softbank)によってVoLTE通信設備が異なることから、自分の使用するキャリア(Docomo、au、Softbank)のVoLTEに対応しているかを確認する必要があります。

つまり、DocomoのVoLTEを使いたい人はDocomoのVoLTEに対応しているスマホを購入しないとVoLTEを使用することができないということです。

仮にDocomoのVoLTEを使いたい人がauのVoLTEに対応しているスマホを購入したとしても、VoLTEを使うことはできません。

また、DSDSスマホの場合、SIMカードのうち片方は4G(LTE)で通信することができますが、片方を4G(LTE)に設定しているときにもう片方のSIMを4G(LTE)に設定することはできませんので気を付けてください。

つまり、スロット1のSIMカードを4G(LTE)に設定しているときには、スロット2のSIMカードを4G(LTE)に設定することはできないということです。

ちなみに、2枚のSIMカードを同時に4G(LTE)に設定することができるスマホをDSDV(Dual Sim Dual VoLTE)スマホといいます。

DSDVについて詳しく知りたい人は、「DSDVのメリット・デメリットとは?」で詳しく説明していますのでよければご覧ください。

まとめ

今回はDSDSスマホに2枚音声通話SIMカードを挿した場合にどうなるかについて説明してきました。

結論としては、2枚音声通話SIMカードを挿しても問題なく使うことができますので、そのような使い方を検討している人は、DSDSスマホの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、快適なDSDSスマホライフをお送りください!