ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はSIMトレイの取り出し方について、画像を使いながら説明していきたいと思います。

初めてSIMトレイを取り出すときは「スマホに傷をつけないだろうか」、「スマホが壊れないだろうか」など心配事が多いですが(かく言う僕もそうでした)、一度SIMトレイの取り出し方を覚えてしまえばどうってことないです。

今回はHuaweiのascend mate7を参考に説明していきたいと思います。

格安SIMに乗り換えるための手順は?

SIMトレイの取り出し方を見ていく前に、格安SIMに乗り換えるための手順を確認していきたいと思います。

【まとめ】格安SIMへの乗り換え方法
  1. キャリア(Docomo、au、Softbank)でMNP予約番号を入手する
    (詳細ページ:「MNPって何?MNPのやり方を解説!」)
  2. 格安SIMで音声通話機能付きSIMを申し込む
  3. MNP転入手続きを行う
    (詳細ページ:「MNPって何?MNPのやり方を解説!」)
  4. 届いたSIMカードをスマホに挿入する ← ココ
  5. APN設定を行う
    (詳細ページ:「【画像で解説】APN設定の方法とは?」)
  6. 作業完了!

はMNPをする人のみ作業が必要になる項目

 

見てのとおり、SIMトレイの取り出しが必要になるのは、最後の方であることがわかります。

SIMトレイの取り出し方は?

はじめに、SIMトレイを取り出すために必要なものは「スマホ本体」と「SIMピン」の2点です

スマートフォンとSIMピン

右側にあるのがSIMピンです。

もしSIMピンがない場合には、ゼムクリップで代用することも可能です。

 

SIMトレイの場所

赤印の部分がSIMトレイになります。画像では左側がスマホの上側になります。

なお、スマホによってSIMトレイの場所は異なりますが、大抵のスマホの場合、側面にSIMトレイがありますのでまずは側面を確認しましょう。

少し見づらいので画面を拡大してみます。

 

SIMトレイの場所(拡大)

SIMトレイを取り出すときは、赤枠の左側にある穴の部分にSIMピンを押し込みます。

結構強く押し込まないとSIMトレイが出てこないので気を付けてください

 

SIMトレイが出てきた時の状況

無事SIMトレイが出てきましたので、あとは手で引っ張って取り出すだけです。

 

SIMトレイ

SIMトレイを取り出すとこんな感じです。

 

SIMトレイ(SIMカード設置)

SIMトレイにSIMカードをセットします。SIMカードは4隅の1か所が削れているので、それに合う形でSIMカードをセットすれば大丈夫です(今回の写真だと左下)。

SIMトレイにSIMカードをセットしたら、先ほどの箇所にSIMトレイを差し込みます。

以上でSIMトレイの作業は完了です!