ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はZenfone4を少しでも安く買う方法について説明していきたいと思います。

現在のところ、Zenfone4を安く買う方法としては、格安SIM(MVNO)契約時のセット販売が主要なものとなっています。

zenfone4のセット販売を行っているのは以下の格安SIM(MVNO)になります。

zenfone4のセット販売を行っているMVNO
  • IIJmio(みおふぉん)
  • Nifmo
  • OCNモバイルONE
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • 楽天モバイル

 

はじめに大前提として、今回はスマホだけが欲しい場合にどこで買うのが1番安くなるのかを比較しています。あらかじめご了承ください。

また、Zenfone4の定価は56,800円になりますので、定価を頭の片隅に入れたうえで読み進めていくとよりいいと思います。

それでは、販売価格が安い3社を紹介したいと思います!

1位 BIGLOBEモバイル

Zenfone4を1番安く買うことができるのは、BIGLOBEモバイルで、51,600円で買うことができます。

ただ、BIGLOBEモバイルの場合、一括払いではなく分割払いになってしまいますので気を付けましょう。

くまおくまお

一括払いにする方法はないの?

ペンドラペンドラ

実質一括払いにする方法はあるよ!

くまおくまお

そんな方法があるのか!?教えてくれ!

実は、BIGLOBEモバイルを解約することにより、実質一括払いにすることができるのです!

「え?」と思われた方も多いと思いますので、BIGLOBEモバイルのホームページを見てみましょう。

BIGLOBE Mobile Zenfone4ページ

赤線のところを確認してもらいたいのですが、Zenfone4についてはアシストパックWというものが適用されていることがわかります。また、このアシストパックWには「アシストパック加算分契約解除料」なるものが設定されていることもわかると思います。

それでは、アシストパックWの違約金がどのようになっているのか見ていきたいと思います。

BIGLOBE Mobile アシストパック違約金ページ

赤線部分に注目してもらいたいのですが、1か月ごとに2150円ずつ加算分契約解除料が減っていることがわかると思います。当然この金額は24か月目に0円になります。

つまり、契約解除をしても新たに違約金が発生するわけではなく、ただ「残りのスマホ代金を支払う」というだけなのです。

ちなみに、利用開始月にBIGLOBEモバイルを解約した場合、以下の費用がZenfone4の購入代金としてかかっていることになります。

Zenfone4 購入代金
  • Zenfone4:51,600円
  • プラン申込手数料:3,000円
  • SIMカード準備料:394円
  • 合計:54,994円

 

 

2位 OCNモバイルONE

Zenfone4を2番目に安く買うことができるのはOCNモバイルONEで、一括45,800円で購入することが可能です。

ただ、一括45,800円で購入するにはらくらくセットの同時申込が必要になります。

ここでOCNモバイルONEのホームページを見てみたいと思います。

OCNモバイルONE らくらくセットページ

 

赤線部分に注目してもらいたいのですが、らくらくセットは「音声対応SIM」のみであることがわかると思います。

続いてOCNモバイルONEのホームページをもう1ページ見てみたいと思います。

OCNモバイルONE 違約金

赤線部分からわかるように、音声通話SIMについては、6か月目まで8,000円の違約金がかかることがわかると思います。

つまり、Zenfone4を購入してすぐにOCNモバイルONEを解約した場合であっても、Zenfone4購入代金69,800円に加え、違約金8,000円、初回のOCNモバイルONEのスマホ代用とSIMカード手配料394円が発生してしまうことは頭に入れておいてください。

ちなみに、上で記載している諸費用を考慮に入れるとZenfone4の代金は以下のとおりになります。

Zenfone4購入代金
  • Zenfone4:45,800円
  • 違約金:8,000円
  • スマホ代(1か月分):1,600円
  • SIMカード手配料:394円
  • 合計:55,794円

 

つまり、結果的に約55,800円かかることになってしまい、定価と比べてわずか1,000円しか安く買うことができません。

3位 Nifmo

Zenfone4を3番目に安く買うことができるのはNifmoで、一括53,334円で買うことができます。

また、Nifmoでは3,7GBの音声通話プランの場合10,100円、13GBの音声通話プランの場合20,100円、データ通信専用SIMまたはSMS機能付きSIMの場合8,100円のキャッシュバックを受けることができます。

くまおくまお

ってことは最安で33,234円で買えるってことか!

ペンドラペンドラ

そうだね!ただ、同時に気を付けなければいけない点も数点あるんだ!

以下でNifmoのキャンペーンページを見てみましょう。

Nifmo キャンペーンページ

赤字部分に注目してもらいたいのですが、キャッシュバックが受け取れるのはSIMカードが到着してから9か月後、つまり9か月間はNifmoを使い続けなければならないのです。

また、キャッシュバックの振り込みが完了する前にはキャッシュバックを受け取ることができず、途中でプラン変更をした場合もキャッシュバックを受け取ることができなくなります。

くまおくまお

結局何が言いたいんだ?

ペンドラペンドラ

Nifmoを使う予定じゃない人がZenfon4を買ってもスマホ代を安くすることができないってことだよ!

なお、NifmoでZenfone4を買い、すぐに解約した場合以下の代金がかかっていることになります。

Zenfone4 購入代金
  • zenfone4:53,334円
  • 登録手数料:3,000円
  • スマホ代:900円
  • 合計:57,234円

 

定価の56,800円と比較してもわかるように、Nifmoでスマホをセット購入すると、結果的に定価で買うよりも高くついてしまうことがわかると思います。

くまおくまお

要するにNifmoでスマホを安く購入することはできないってことだよね?

ペンドラペンドラ

そうだね!Nifmoで買うよりもAmazonのネットショッピングとかで定価で買った方が安く買うことができるよ!

まとめ

今回はZenfone4を安く買う方法について紹介してきました。

Zenfone4を安く買うのであれば、BIGLOBEモバイルまたはOCNモバイルONEしかありませんので、購入を検討されている方はぜひこの2社で検討を進めてみてください。

それでは、快適なDSDSスマホライフをお送りください!