ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はWiMAX2+のメリットについて紹介していきたいと思います。

WiMAX2+はUQ mobileが提供する高速通信のこと

くまおくまお

WiMAX2+って何だ?

WiMAX2+とは、UQ Mobileが提供する高速通信のことです。

WiMAX2+は様々なプロバイダが提供していますが、どのプロバイダも使っている回線はUQ mobileが提供しているものになりますので、通信速度等に差はありません。

WiMAX2+のメリットは6つある

メリット

WiMAX2++のメリットを簡単にまとめると以下のとおりです。

WiMAX2+ メリット

  1. 1か月のデータ通信量が無制限(ギガ放題プランの場合)
  2. スマホの大容量プランに比べて安価
  3. 通信速度が高速
  4. 設定が簡単
  5. 複数人で使用可能
  6. LTEオプションを利用可能

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット①:1か月のデータ通信量が無制限(ギガ放題プランの場合)

WiMAX2+最大のメリットは、データ通信量が無制限である点です。

WiMAX2+では2つのプランを用意していて、通常のWiMAX2+プランとWiMAX2+ギガ放題プランがあります。

このうちWiMAX2+プランは1か月のデータ使用量が限られていますが、WiMAX2+ギガ放題プランの場合は1か月のデータ通信量が制限されていません。

くまおくまお

それって1か月に100GB使っても大丈夫ってこと?

ペンドラペンドラ

大丈夫だよ!

僕自身、WiMAX2+を使っていますが、家族含めて1か月で100~150GBほど使っています(笑)

図にするとこんな感じです。

格安SIM WiMAX2+ データ容量の違い

くまおくまお

キャリアでもシェアパックプランにすれば大容量使うことができるからわざわざWiMAX2+にしなくてもいいんじゃないかな?

ペンドラペンドラ

キャリアの大容量プランとWiMAX2+では値段が全然違うんだよ!

詳しくはメリット②で述べますが、キャリア(Docomo、au、Softbank)の大容量プランとWiMAX2+を比べると、月額数千円は変わってきてしまいます(金額は契約しているプランによって変動します)。

くまおくまお

え、そうなの!?WiMAX2+スゲー!

ただ、1点注意点があり、直近3日間で10GB以上データを使用すると通信速度が1Mbpsになってしまいます。

しかし、遅くなった後の通信速度(1Mbps)でも通常画質の動画を見るのには十分な通信速度が出ていますので、あまり気にすることはないと思います。

メリット②:スマホの大容量プランに比べて安価

次のメリットとして、スマホの大容量プランより安価である点が挙げられます。

以下でキャリア(Docomo、au、Softbank)の大容量プランとWiMAX2+の価格を比較してみたいと思います(WiMAX2+の料金は代表的なプロバイダーの実質価格で掲載しています)。

  • Docomo(ウルトラデータLLパック[30GB]):月額8,000円
  • au(auフラットプラン30):月額7,500円
  • Softbank(ギガモンスター[30GB]※):月額8,000円
  • WiMAX2+(とくとくBB[無制限]):月額3,344円
  • WiMAX2+(BIGLOBE[無制限]):月額3,411円

※2017年9月21日をもってサービス終了(今回は比較のため料金を掲載)

 

仮に、1人で1か月に30GBデータ通信をする場合、キャリアだと平均して8,000円程度かかるのに対し、WiMAX2+では平均して3,500円程度しかかからないことがわかります。

しかも、キャリア(Docomo、au、Softbank)については、家族でシェアする場合はさらに値段が高くなり、データ容量が増えればその分値段も高くなります(Ex.Docomoのウルトラシェアパック100[100GB]の場合、なんと月額25,000円!)。

つまり、データを多く消費する人こそWiMAX2+に乗り換えることによりスマホ代をかなりお得にすることができるのです

メリット③:通信速度が高速

次のメリットとして、通信速度が高速である点が挙げられます。以下に通信速度計測結果を載せておきます。

WiMAX2+ 速度計測結果

計測の仕方によって多少ばらつきがありますが、遅くても7Mbpsは出ていることがわかります(右図の一番右BIGLOBEの速度が遅いのは別の要因だと考えられますので結果からは除外して考えています)。

他のページでも紹介していますが、どの程度の通信速度でどの程度のことができるのかまとめていますので、ここでも掲載したいと思います。

~0.1Mbps:スマホが使い物にならない。

0.1Mbps:LINEのやり取りや画像の少ないサイトを閲覧をする程度であれば問題なくできる。

0.5Mbps:画像が少しだけあるサイトであればスムーズに閲覧ができる。

1Mbps;画像が多めのサイトや、youtubeの動画を中程度の画質であれば見ることができる。

5Mbps:youtubeの動画をきれいな画質で見ることができる。

10Mbps:アプリのダウンロードがスムーズに完了する。

15Mbps~:パソコンでオンラインゲームなどをやらない限り支障は出ない。

 

つまり、パソコンでオンラインゲームをやる人以外であれば、WiMAX2+で基本的に何一つ不自由することなく通信することができます!

くまおくまお

WiMAX+って使い放題で安くて速いなんてすごいな!

メリット④:設定が簡単

次のメリットとして設定が簡単な点が挙げられます。

WiMAX2+はルーターが届いたその日から使用することができ、設定もスマホのAPN設定より簡単です。

なお設定方法については、「【画像で解説】WiMAX2+の設定方法(Coming Soon)」にて紹介予定ですので今しばらくお待ちください。

メリット⑤:複数人で使用可能

次のメリットとして複数人で使用可能な点が挙げられます。

WiMAX2+の場合、基本的にルーターを使用した通信になるので合計で10台まで同時通信が可能です。

くまおくまお

合計10台ってことは5人家族で1人あたり2台端末を使っても大丈夫ってこと?

ペンドラペンドラ

そうだね!

1点注意点として、WiMAX2+は同時に10人まで接続可能ですが、ルーターが近くにないと接続できないので気を付けてください(Ex.家にルーターが置いてある場合には会社でWiMAX2+を使った通信はできない等)。

メリット⑥:LTEオプションを利用可能

次のメリットとして、LTEオプションが利用可能な点が挙げられます。

WiMAX2+は建物内や地方での電波が弱くなる性質があるため、それを補うためにauのLTE網を活用できるオプションが用意されています。

くまおくまお

ってことは、WiMAX2+の電波が入らないところでも、auのLTEを使って通信ができるってこと?

ペンドラペンドラ

そうだよ!ただ、LTEでの通信の場合、1か月に7GBを超えるとWiMAX2+、LTEともに速度制限がかかっちゃうから注意してね!

LTEオプションは確かに便利なのですが、ペンドラくんの言うとおり、LTEオプションを1度でも使用した状態で1か月に7GB以上データを使用すると、本来データ通信無制限のはずのWiMAX2+まで速度制限がかかってしまうので気を付けてください。

しかも、WiMAX2+の速度制限(1Mbps)の場合と違い通信速度も128kbpsまで落ちてしまいますので、WiMAX2+が使い物にならなくなってしまいます。

もっといえば、1度でもLTEに接続してしまった場合は月7GBのデータ制限が発生してしまいますので、「データを無制限に使いたい!」という人はLTEオプションは使用しないほうがいいです。

また、LTEオプションは一部の契約方式を除き有料ですので、LTEを使う機会があるかどうかしっかりと考えたうえで使用するようにしてください。

まとめ

今回はWiMAX2+のメリットについて説明してきました。家族全員のデータ通信が多い場合には、格安SIM(MVNO)に加えてWiMAX2+を契約することで、お得かつ快適なスマホライフを送れることと思います

まとめ

  1. WiMAX2+は高速通信が無制限で利用可能
  2. 値段も格安SIMの大容量プランよりも安い
  3. ルーターの利用が必須ではあるが、同時に10人まで接続が可能

もちろん、WiMAX2+にはたくさんのメリットがある一方、デメリットがないわけではありません。デメリットについては、「WiMAX2+のデメリットとは?」で紹介していますので、よければご覧ください。

くまおくまお

「WiMAX2+」で検索かけたけど、プロバイダがいっぱいあってどれがいいのかわからないよ!

WiMAX2+のオススメプロバイダについては「オススメのWiMAX2+プロバイダは?」で紹介していますので、WiMAX2+の契約を検討している方はこちらもご覧いただくとより満足のいく選択ができると思います。