ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はDSDVのメリット・デメリットと口コミ・評価について説明していきたいと思います。

2017年の12月にHuaweiのMate10 Proが発売されたことにより、いよいよ本格スタートとなったDSDVですが、意外とそのメリット・デメリットをしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。

DSDSと比較をすることにより、DSDVの新たな可能性も見えてきましたので、その点についても説明したいと思います。

DSDSとDSDVの違いは?

スマホとクエスチョン

DSDVのメリット・デメリットを説明する前に、簡単にDSDSとDSDVの違いについて説明しておきたいと思います。

DSDSは2枚同時にVoLTEでのスタンバイができない

DSDSとは、Dual Sim Dual Standbyの略で、スマホの中に2枚のSIMカードを同時に挿すことができ、かつ2枚同時にスタンバイ状態にできる機能のことです。

DSDSの場合、2枚同時にSIMカードをスタンバイ状態にできますが、1枚のSIMカードが4G(LTE)でスタンバイしているときには、もう1枚のSIMカードは3Gでしかスタンバイすることができません。

DSDVは2枚同時にVoLTEでのスタンバイができる!

対するDSDVはDual Sim Dual VoLTEの略で、スマホの中に2枚のSIMカードを同時に挿すことができ、かつ2枚同時にスタンバイ状態にできる機能のことです。

くまおくまお

DSDSと一緒じゃん!

一見するとDSDSと同じ機能のようにも思いますが、DSDVの場合、2枚同時にSIMカードを通信スタンバイ状態にできるのに加え、2枚同時に4G(VoLTE)でスタンバイ状態にすることができるのです!

DSDSとDSDVの違いを図示すると以下のとおりです。

DSDS DSDV 違い

なお、DSDVスマホについては、4G+3Gに対応しているスマホと対応していないスマホがあるので注意が必要です。

DSDVのメリット

メリット

DSDSとDSDVの違いも分かったことと思いますので、以下でDSDVのメリットについて説明していきたいと思います。

なお、今回のメリットについてはDSDSと比較したときのDSDVのメリットになりますので予めご了承ください。

また、DSDSのメリットについては「【まとめ】DSDSのメリット・注意点・対応機種をまとめてみた!」の中で詳しく説明していますので、よければそちらをご覧ください。

メリット①:キャリアの通話が3Gから4G(VoLTE)に変更可能に!

電球

DSDVの1つ目のメリットはキャリア(Docomo、au、Softbank)の通話が3Gから4G(VoLTE)に変更できる点です。

くまおくまお

どういうこと?

ペンドラペンドラ

以下で詳しく説明していくよ!

VoLTE対応のDSDSスマホでは実質VoLTEが利用できなかった

頭を抱える男性

DSDSでは、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMと格安SIM(MVNO)のデータ通信専用SIMを組み合わせることにより、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMを維持しながら格安SIM(MVNO)に移行できることが最大のメリットでした。

しかしDSDSスマホを使用する場合、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMが仮に4G(VoLTE)に対応していたとしても、データ通信専用の格安SIM(MVNO)で4G(LTE)を使用してしまうことから、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMは3Gで行わなければならない状況だったのです。

言い換えるなら、DSDSの時はキャリア(Docomo、au、Softbank)の通話を4G(VoLTE)で使うことが事実上できなかったのです!

4G(VoLTE)は3Gに比べクリアな通話音質が最大の特徴ですが、DSDSでは4G(VoLTE)を活用することができず非常にもどかしい状況でした。

DSDVスマホなら通話も4G(VoLTE)が利用できる

これがDSDVになるとどうでしょうか。

2枚のSIMカードがともに4G(VoLTE)でスタンバイ可能になることから、4G(VoLTE)のクリアな音質で通話をすることができるようになったのです!

くまおくまお

DSDSで実質使えなかったVoLTEがDSDVなら使えるってことか!

ペンドラペンドラ

そうだね!

メリット②:auだけ仲間外れにされることがなくなる!?

画鋲 仲間外れ

2つ目のメリットはauだけ仲間外れにされることがなくなる点です。

DSDSでは先ほども話したように、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMを維持しながら格安SIM(MVNO)を利用できるのが大きなメリットとなっています。

また、「データ通信専用の格安SIM+キャリアの通話SIM」だと、キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話SIMが3Gになってしまうことも先ほど説明したとおりです。

この3Gになってしまう点が1つの大きなポイントになります。

くまおくまお

大きなポイント?

auの3Gに対応したDSDSスマホは選択の余地がなかった

DocomoとSoftbankの3Gはw-cdmaという3Gの中でもメジャーな通信規格を用いていたので、DSDSスマホでも3G(w-cdma)に対応している機種が続々と登場してきました。

対するauの3Gはcdma2000という3Gの中でもマイナーな通信規格を用いてしまっていたため、DSDSスマホでも3G(cdma2000)に対応している機種がg07+とg07++以外には登場しなかったのです(並行輸入品は除く)。

つまり、auの通話SIMを維持したまま格安SIM(MVNO)に乗り換えたい人の場合、スマホの選択の余地がなかったのです!

auのDSDVはDocomo、Softbankと同規格

これがDSDVになるとどうなるでしょうか。

先ほどの3Gにおけるw-cdmaとcdma2000のような規格の違いが4G(VoLTE)にはないため、auの4G(VoLTE)にだけ対応していないスマホが発売される可能性がグッと低くなったのです!

ペンドラペンドラ

実際にASUSから発売されているZenfone5、Zenfone5ZやOPPOから発売されているR15 Pro、R15 NeoはauのVoLTEに対応しているんだ!

現在、auの4G(VoLTE)に対応しているDSDVスマホはありませんが、2018年中にはauの4G(VoLTE)に対応したDSDVスマホが販売されるのではないでしょうか。

Mate10 Proについても、近日中にソフトウェアアップデートが行われ、Docomo、auのVoLTEに対応する予定のようです。

しかし、Mate10 Proの発売から半年以上経過しているものの、未だにDocomo、auのVoLTEに対応するアップデートは行われていない状況です。

そのため、「auのVoLTEに対応したDSDVスマホが欲しい!」と思っている人の場合、ペンドラくんの言うように、Zenfone5シリーズやR15シリーズを購入したほうがよさそうです。

2018年12月11日追記

Mate10 Proも11月中旬のアップデートでauのVoLTEに対応することとなりました!

auユーザーにとっては待ち望んでいた情報ですね!

auユーザーの方にとっては、今からソフトウェアアップデートが待ち遠しいですね!

DSDVのデメリット

デメリット

DSDVには上記のようなメリットがある一方、デメリットもありますので、以下で詳しく説明していきたいと思います。

なお、デメリットについてもDSDSと比較したときのDSDVのデメリットになりますので予めご了承ください。

デメリット①:DSDVの機能は高価格帯のスマホについていることが多い

財布と一万円札

1つ目のデメリットとして、DSDVの機能が付いているスマホは高価格帯のものが多い点が挙げられます。

DSDVスマホの中心価格は約5万円~10万円

2018年9月現在、日本国内のDSDVスマホは7機種あり、名称と価格を以下に示したいと思います。

  • Mate10 Pro:96,984円(税込)
  • P20:69,800円(税込)
  • Zenfone5:52,800円(税込)
  • Zenfone5Z:69,800円(税込)
  • R15 Pro:75,470円(税込)
  • R15 Neo:27,950円(税込)
  • Mayumi U1:32,184円(税込)
  • HUAWEI nova3:59,184円(税込)

ご覧のとおり、OPPO R15 NeoとMayumi U1を除くと、安いDSDVスマホでも5万円台で、高いDSDVスマホだとなんと10万円近くもしてしまいます。

つまり、「安い価格帯のDSDVスマホを購入して使いたい!」と思っている人はOPPO R15 NeoとMayumi U1の2機種しか選択することができないのです!(R15 Neoも発売はまだであることから、8月23日現在では低価格帯のDSDVスマホを購入することはできません)

くまおくまお

もっと低価格帯のDSDVスマホが増えるといいんだけどなぁ…

ペンドラペンドラ

12月には2台目の低価格帯DSDVスマホ、Mayumi World Smartphone U1が発売されるから、今後も低価格帯DSDVスマホのラインナップは増えると考えていいんじゃないかな!

Mate10 Proを安く購入するにはNifmoがオススメ!
くまおくまお

Mate10 Proをどうにか安く買う方法はないの?

ペンドラペンドラ

Nifmoのセット販売だと最大20,100円のキャッシュバックを受けられるからお得に購入できるよ!

2018年10月14日現在Mate10 Proを最安で買える格安SIM(MVNO)はNifmoで、契約するプランによっては実質66,600円(税込)で購入することができます!

Mate10 ProをNifmoで買う!

Zenfone5Zの日本発売が決定!

日本で2台目のDSDVスマホ、Zenfone5Zの発売について、2018年5月15日にASUSから発表がありました!

価格は69,800円で、Docomo、au、Y!mobile回線のVoLTEに対応するとのことです!※

Mate10 Proとの比較については、「【DSDV徹底比較】Mate10 ProとZenfone5Zはどちらがオススメ?」で紹介していますので、よければご覧ください。

※Zenfone5Z(SIMフリー機)でDocomo本家のVoLTEを利用するためにはspモードの契約が必須のようです。詳しくは「ASUS Zenfone5Z VoLTE検証」で説明されていますので、そちらを参考にしてください。

なお、2018年10月14日現在Zenfone5Zを最安で買える格安SIM(MVNO)はNifmoで、契約するプランによっては実質54,600円(税込)で購入することができます!

各格安SIM(MVNO)での購入価格については、「ASUS Zenfone5Zを安く買う方法を徹底検証!~安く買える格安SIMはどこ?~」で説明していますので、よければご覧ください。

Zenfone5ZをNifmoで買う!

HUAWEI P20の発売も決定!

日本で3台目のDSDVスマホ、HUAWEIのP20の発売が決定しました!

価格は69,800円で、ASUS Zenfone5Zと同じ値段になります。

Zenfone5ZはDocomo、au、Y!Mobile回線のVoLTEに対応していますが、残念ながらP20は現在のところソフトバンク回線のVoLTEにしか対応していないとのことです。

なお、2018年10月14日現在P20を最安で買える格安SIM(MVNO)はBIGLOBEモバイルで、契約するプランによっては実質53,400円(税込)で購入することができます!

P20をBIGLOBEモバイルで買う!

OPPO R15 ProとR15 Neoの発売が決定!

日本で4台目のDSDVスマホ、OPPO R15 ProとR15 Neoの発売が決定しました!

くまおくまお

OPPOって日本ではあまり聞かないメーカーだけど…

ペンドラペンドラ

OPPOは中国のスマートフォン市場でシェア2位のスマホメーカーだよ!ちなみにシェア1位はHUAWEIだよ。

OPPO R15 Proの価格こそ7万円台と高いものの、R15 Neoは2万円台と初の低価格帯DSDVスマホとなっています!

低価格帯のDSDVスマホを待っていた人にとっては待望の1台になるのではないでしょうか。

また、R15 Pro、R15 NeoともにDocomo、au、Softbank回線のVoLTEに対応するようです!

※2018年10月14日追記

R15 Pro、R15 NeoともにDocomoのVoLTEには対応しておりません(shu様、情報のご提供誠にありがとうございます)。

R15 Neoについては、「OPPO R15 Neoは高コスパDSDVスマホ!~Zenfone5とスペックを徹底比較!~」で紹介していますので、よければご覧ください。

また、R15 Proについても、「OPPO R15 Proの発売が決定!~Zenfone5Zと性能を徹底比較!~」で紹介していますので、よければご覧ください。

Mayumi World Smartphone U1の発売が決定!

日本で5台目(Zenfone5・5ZとR15 Pro・Neoを別のスマホと考えた場合7台目)のDSDVスマホ、Mayumi World Smartphone U1の発売が決定しました!

発売は12月の予定で、定価も32,184円(税込)と国内販売2台目の低価格帯DSDVスマホとなっています。

なお、低価格帯DSDVスマホであるOPPO R15 NeoとMayumi World Smartphone U1については、「DSDV対応スマホ、Mayumi World Smartphone U1の発売が決定!~OPPO R15 Neoとスペックを比較!~」で比較していますので、よければご覧ください。

HUAWEI nova3の発売が決定!

日本で6台目のDSDVスマホ、HUAWEI nova3の発売が決定しました。

発売は10月5日、定価は59,184円(税込)で、価格としてはZenfone5とZenfone5Zの間といったところです。

現状、ソフトバンクのVoLTEにしか対応しておりませんが、ソフトウェアアップデートによりauのVoLTEにも対応するようです。

デメリット②:4G+3Gの使い方に対応していない端末がある

2つ目のデメリットとして、4G+3Gの使い方に対応していない端末がある点が挙げられます。

DSDVスマホであるHuawei Mate10 proでは、1枚目のSIMスロットが「2G/3G/4G」対応、2枚目のSIMスロットも「2G/3G/4G」対応であることから、fomaのような3GのSIMカードをDSDVに挿しても通話・通信をすることができません。

fomaのような3GのSIMカードを利用するためには2枚目のSIMスロットを「2G/3G」に設定し直す必要があるのですが、現在のDSDVスマホでは「2G/3G/4G」⇒「2G/3G」への変更ができないようです(今後もできる可能性は低いようです)。

つまり、DSDVスマホでDSDSスマホと同じような使い方をしようと思っている人は注意が必要になります。

くまおくまお

DSDSスマホと同じ使い方をしたい人はDSDVスマホを買うと使えない可能性があるってことだね。

ペンドラペンドラ

そうだね!

※2018年6月11日追記

新たに発売されたDSDV機、ASUS Zenfone5及びZenfone5Zについては4G+3Gの使い方にも対応しているようです。

ただ、今後のファームウェアの更新等により4G+3Gの形で利用できなくなる可能性もゼロではないので、注意する必要がありそうです。

DSDVの口コミ・評判は?

question

続いてDSDVスマホを利用している人の口コミ・評判を見ていきたいと思います。

auのSIMで2枚同時スタンバイできる点について評価が高い

男性男性

Zenfone5を購入しました。SIM1にauのVoLTE SIMを挿し、SIM2にOCNモバイルONEのSIMを挿して使用していますが、通話・データ通信ともに問題なく利用することができています。

DSDV機について、やはりauのVoLTE+格安SIM(MVNO)の使い方をしている人が多く、高評価なものが多かったです。

1台のスマホに2枚のSIMカードを挿して使いたい人で、かつauのVoLTE SIMを使っている人の場合には、DSDVスマホを選ぶ価値はありそうです。

DSDVの良さをしっかりと理解していない人も…

また、以下のような口コミもありました。

女性女性

Zenfone5を購入しました。DSDVスマホであるのにfomaSIMが使える点は大きく評価できる点だと思います。

上の口コミからもわかるように、DSDVスマホのメリットをしっかりと理解できていないまま利用している人がいるのも現状です。

DSDVスマホのメリットは、2枚同時にVoLTEでスタンバイ可能な点と、2枚同時VoLTEスタンバイにより、auのVoLTE SIMの利用者でも1台で2枚のSIMカードを運用できるようになった点です。

正直なところ、fomaSIMをスマホで使うのであれば、わざわざDSDVスマホを使う必要はなく、DSDSスマホで十分なのです。

それに、DSDSスマホは多くのメーカーから発売されているので、DSDVスマホとは異なり、自分の好みのスマホを選択することができます。

最近メディア等で大きく取り上げられているDSDVスマホではありますが、しっかりと内容を理解して、本当に自分に必要であるかどうかを見極めたうえで購入しないと、本来必要のない機能に高いお金を払うことにもなりかねませんので注意してください。

まとめ

今回はDSDVのメリット・デメリットと口コミ・評判について説明してきました。

DSDVスマホはauの通話SIM(4G[VoLTE])を維持しながら格安SIM(MVNO)に乗り換えたい人にとって長年待ち望んできたものであることがよくわかったのではないでしょうか。

それでは、快適なDSDS・DSDVライフをお送りください!

以下のページでスマホ代を安くする方法を紹介しています。よければご覧ください。

DSDVスマホを購入すると古いスマホが手元に残ってしまうと思いますが、古いスマホを1円でも高く買い取ってもらう方法については下記のページで紹介していますので、よければご覧ください。