ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はWiMAX2+のルーターの中でも人気のある、wx04とw04どちらの方がオススメであるかを比較したいと思います。

以下wx04とw04のスペック表になります。

wx04 w04スペック表

赤字部分が他方と比較したときに優れている点になります。赤字以外の部分は大差ありませんので、今回の比較では割愛します。

比較①:サイズ

wx04のサイズが約111×62×13.3mmであるのに対し、w04のサイズは約130×53×14.2mmなので、wx04の方が小型です。

特段形状にこだわりがないのであれば、wx04を選んだ方が良いと思います。

ただ、カバンに入れる時に「縦長じゃないとカバンに入れづらい!」というような人の場合にはw04の方が良いと思います(縦長といっても1cmしかサイズに変わりはありませんが…)。

くまおくまお

wx04のサイズのイメージが湧かないんだけど…

ペンドラペンドラ

キーケースと同じくらいの大きさと思ってもらえるといいかな!

キーケースを持っていない人の場合、カバンの内ポケットによく小さなポケットがついていると思いますが、wx04はカバンの内ポケットに収まる程度の大きさと思ってもらえるといいと思います。

比較②:重量

wx04の重量が約128gであるのに対し、w04の重量は約140gなのでwx04の方が12g軽いです。

くまおくまお

12gってどのくらいの差なんだ?

ペンドラペンドラ

1円玉でいえば12枚分の差だね!

スマホと違い、頻繁に手にもって操作するものではないので、少しだけカバンの中が軽くなるくらいの気持ちでいるのがいいのかなと思います。

比較③:連続通信時間

wx04の連続通信時間が約13時間※であるのに対し、w04の連続通信時間が約10時間※なのでwx04の方が約3時間電池持ちが良いです。

この3時間は大きなものといえるのではないでしょうか。

具体例で説明していきたいと思います。

Aさんは毎日朝8時に家を出発するとします。そうすると、wx04の場合は夜の9時まで充電が持つのに対し、w04の場合は夕方の6時には充電が切れてしまいます。

wx04のように、夜9時まで充電が持てば、電車で帰宅している最中もルーターを使って通信をすることができる可能性が高いですが、w04のように、夕方6時で充電が切れてしまうと、仮に定時で会社を上がったとしても、帰宅途中にはルーターの充電が切れてしまいルーターで通信をすることができなくなってしまいます。

くまおくまお

でも、1回1回ルーターの電源を切ればいいだけの話じゃないの?

ペンドラペンドラ

確かにそうなんだけど、意外と電源を消し忘れてしまったりするんだ…

ルーターを使ったことがある人ならわかると思いますが、意外とルーターの電源をつけたり消したりする作業って面倒くさいんです。

それにルーターの電源をオンにしてから電波を掴むまでには少し時間がかかるので、1回1回電源を消していると、使いたいと思ったときにすぐに使うことができないのです。

上のような理由からルーターの電源は常にオンにして使うのがベターです。その結果、連続通信時間はすごく大事なポイントになってくるのです!

毎回ルーターの電源をオンオフするのが面倒くさく、かつ充電は日中持ってもらいたい人であればwx04にした方が良いと思います。

くまおくまお

通信時間は長いに越したことはないっと(メモメモ)

※ハイスピードプラスエリアモードのエコモードの場合

wx04の注意点は?

上記比較からwx04の方が優れていることがわかったと思いますが、実はwx04には1点注意点があるのです!

それは、WiMAXを安く契約できるプロバイダーだと2年契約ができない点です※。

つまり、「3年間もWiMAXを使うかどうかわからない」という人にとっては、2年契約できない点が大きな足かせとなってしまうのです。

くまおくまお

確かにできるだけ契約期間は短くしておきたいな…。WiMAXはどんどん新しいルーターも出るし…

ペンドラペンドラ

それなら、w04で2年契約をするといいと思うよ!

w04もwx04に比べ著しく性能が劣っているわけではないので、十分使えるルーターです。

なので、3年契約が嫌な人の場合はw04で2年契約をするようにしましょう。

※UQ WiMAXでは2年契約を行っているが、他のプロバイダーに比べスマホ代が割高になってしまうため、今回の話からは除外しました。

まとめ

今回はWiMAX2+のルーターとして人気のあるwx04とw04を比較しました!

契約年数が気にならず、少しでも性能の良いルーターを使いたいという人はwx04を、契約年数は出来るだけ短くしたいという人はw04を選ぶと最善の選択ができると思います。

それでは快適なWiMAX2+ライフをお送りください!