ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はWiMAX2+の最新ルーターであるw05についてwx04と比較しながら説明していきたいと思います。

以下w05とwx04のスペック表になります。

w05 wx04 スペック表

それでは早速見ていきましょう!

比較①:サイズ

w05のサイズが約130×55×12.6mmであるのに対し、wx04のサイズは約111×62×13.3mmなので、wx04の方が優れています(若干w05の方が縦長の形状です)。

正直なところ、WiMAX2+のルーターはカバンに入れて持ち歩くことが多い為、この程度のサイズ差であれば大して差はないと考えてしまっていいでしょう。

ただ、サイズの内側ポケットにルーターを入れて使っているような人の場合、ポケットの形状によって最適なサイズが変わってきますので、今一度ご自身が使用しているカバンの内ポケットのサイズを確認してみましょう。

比較②:連続通信時間

w05の連続通信時間が約9時間であるのに対し、wx04の連続通信時間は約13時間なので、wx04の方が優れています。

正直なところ、w05とwx04の大きな違いは連続通信時間しかありません(笑)

くまおくまお

9時間と13時間ってそんなに違うかなー?

中には「9時間だろうが13時間だろうがそんなにルーターを使うことはない!」という人もいると思いますが、通勤や通学で使っている人にとってこの4時間は大きな差が生じるのです。

例えば会社員のAさんという人がいるとしましょう。

Aさんは朝8時に家を出発する人で、データを使いたいときにすぐ使えないとストレスに感じてしまう性格のため、ルーターの電源は常にオンの状態にしているとします。

そうすると、w05の場合9時間後の夕方6時にはルーターの電源が切れてしまうことになります。

つまり、Aさんが帰宅途中にスマホで動画を見ようとしても、ルーターの電源が切れてしまっているため、WiMAX2+の電波を使ってデータのやりとりをすることができないのです。

対するwx04の場合はどうでしょうか。

朝8時に家を出発してから13時間後の夜9時にwx04の充電が切れることとなります。

夜9時であれば残業があった日を除いて、帰宅途中にスマホで動画を見たい場合WiMAX2+の電波を使ってデータのやり取りをすることができます。

くまおくまお

確かに自分が実際に使っているところを考えると、4時間の差は大きいかも!

その他の比較:最大通信速度

最大通信速度については、w05が最大708Mbpsであるのに対し、wx04は最大440Mbpsなのでw05の方が早いのですが、通信業界における最大通信速度はすべてベストエフォート方式での測定結果のため、実際に最大通信速度が出ることはまずありません。

僕自身、wx03というwx04の1つ前のルーターを使用していますが、最大通信速度どころか最大通信速度の半分も出たことがありません(笑)

つまり、はじめから最大通信速度が出ることを前提にルーターを購入してはいけないのです。

また、w05の最大通信速度708Mbpsをベストエフォート方式で計測できるのは、WiMAX2+の電波に加え、4G LTEの電波も併せて使用した場合です。

WiMAX2+の購入を検討している人の場合、大半はデータ容量を無制限に使いたい人が大半だと思いますが、WiMAX2+で4G LTE電波網を使用してしまうと月に7GBしかデータ容量を使うことができなくなってしまいます。

つまり、データ容量を無制限で使いたい人の場合、はじめから最大通信速度708Mbpsを出すために必要な環境は整えることができないということです。

まとめ

今回はHuaweiから新たに発売されたw05をwx04と比較しながら説明してきました。

結論を一言でいえば、「WiMAX2+のルーターはw05よりwx04を買った方がいい!」ということです。

最近スマホで勢いのあるHuawei社が新たに発売したルーターだったので、もう少し頑張ってもらいたかったなーというのが、僕個人の感想です。

それでは、快適なWiMAX2+ライフをお送りください!