ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

OPPOから高性能DSDVであるR15 Proの発売が発表されました!

今回はそんなR15 Proについて、同じく高性能DSDVスマホとして評判であるASUS Zenfone5Zと比較していきたいと思います。

以下、スペック表になります。

R15 Pro Zenfone5Z スペック比較

それでは赤字箇所を1つずつ見ていきましょう。

比較①:CPU

OPPO R15 ProのCPUはSnapdragon660であるのに対し、ASUS Zenfone5ZのCPUはSnapdragon845であるので、Zenfone5Zの方が優れています。

Aututuのベンチマークでいえば、Snapdragon660のスコアが約130,000であるのに対し、Snapdragon845のスコアは約260,000と、その差は歴然です。

くまおくまお

Antutuベンチマークってなんだ?

ペンドラペンドラ

CPUの性能をスコア化したものだよ!スコアが高ければ高いほどCPUが高性能なんだ!

Antutuベンチマークのスコアについて100,000を超えていれば、ネットサーフィンやLINE等のアプリを使用するうえでそこまで性能差を感じることはありません。

しかし、ゲームをやるとなると話は別で、やはりスコアが高ければ高いほど、動きがカクつくことがなくなります。

比較②:ROM

OPPO R15 ProのROMが128GBであるのに対し、Zenfone5ZのROMは最大256GBであることから、Zenfone5Zの方が優れています。

しかし、スマホ内に動画や音楽ファイルを大量に保存することがない限り、ROMの容量が128GBであろうが、256GBであろうがそこまで差はありません。

僕自身、現在ROMが64GBのスマホを使っており、音楽ファイルや動画ファイルを数十曲分はスマホに保存していますが、トータルで40GB程度しかROM容量を使用しておりません(確認してみたところ、音楽と動画で2GB容量を使用していました)。

ただ、動画ファイルは高画質なものを保存するとなると、数百MB使用するものもありますので、そのような人は大容量のROMの方が安心してスマホを使うことができるでしょう。

くまおくまお

動画や音楽ファイルをスマホに保存する人は大容量のROMがおすすめっと(メモメモ)

比較③:RAM

OPPO R15 ProのRAMが6GBであるのに対し、ASUS Zenfone5ZのRAMは最大8GBであることから、Zenfone5Zの方が優れています。

あくまでも僕自身の感覚ですが、RAMは6GBであろうが、8GBであろうが、通常使用するうえで性能差を実感することはほとんどできないでしょう。

実際、僕自身も今はRAMが6GBのDSDSスマホを使っていますが、RAMは常に3GB以上使用していない状況です。つまり、裏を返せばRAMは4GBもあれば通常使用するうえで十分ということです。

ただ、やはりゲームをやるとなると状況は少し変わり、6GB、もっと言えば8GBあった方が安心してゲームをすることができます。

くまおくまお

ゲームをやる人はRAMの容量が多いに越したことないけど、それ以外の人は4GBで十分っと(メモメモ)

比較④:重量

OPPO R15 Proの重量が約180gであるのに対し、ASUS Zenfone5の重量は約155gであることから、Zenfone5Zの方が約25g軽いことになります。

くまおくまお

25gって言われても実感がわかないなぁ…

ペンドラペンドラ

アルカリの単4電池2本が約24gだから、大体そのくらいの重さだね!

毎日手にもって操作するスマホにおいて、25gの差は結構大きなものです。

僕自身、様々な重さのスマホを使ったことがありますが、やはり重たいスマホになればなるほど、手首が疲れやすいです。

まれに、「重い方がスマホを持っている感じがしていい!」という人もいますが、基本的にはスマホは軽いに越したことありませんで、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

比較⑤:カメラ

OPPO R15 Proのアウトカメラが1,600万画素+2,000万画素のデュアルカメラであるのに対し、Zenfone5Zのアウトカメラは1,200万画素+800万画素(広角)のデュアルカメラであるので、画素数だけ比較すれば、OPPO R15 Proの方が優れています。

また、アウトカメラのF値についても、R15 ProはF値が1.75であるのに対し、Zenfone5ZはF値が1.8と2.0であることから、R15 Proの方が優れています。

くまおくまお

F値ってなんだ?

ペンドラペンドラ

すごいざっくりとした言い方をしてしまえば、暗いところで写真がきれいに撮れるかどうかを示した値だよ!F値が低いほど、暗いところでもきれいに撮影ができるんだ!

インカメラについても、R15 Proは2,000万画素であるのに対し、Zenfone5Zは800万画素であることから、R15 Proの方が高画質であることがわかります。

まとめ

今回はOPPO R15 Proを同じDSDVスマホで、かつ同価格帯であるASUS Zenfone5Zと比較してきました。

R15 Neoがとても高コスパなDSDVスマホであることから、R15 Proにも期待していたところではありますが、残念ながら高価格帯のDSDVスマホであればZenfone5Zを買った方が多くの人にとって満足のいく買い物となることでしょう。

それでは快適なDSDVスマホライフをお送りください!