ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はポケットWifiとWiMAX2+、どちらがオススメであるかを説明していきたいと思います。

ポケットWifiとは?

くまおくまお

ポケットWifiって初めて聞いたんだけど何のこと?

ポケットWifiとは、世間一般では以下2種類の意味で使われています。

  • ワイモバイルが提供するLTEの通信
  • ワイモバイルが提供しているLTEの通信方式のモバイルルーター

 

実は、「UQ WiMAXが提供するWiMAX2+という通信」と同じように、「ワイモバイルが提供するLTE(=ポケットWifi)という通信」があるのです。

ここで1番大事なことは「WiMAX2+≠ポケットWifi」ということです。

たまにWiMAX2+とポケットWifiを同じものと勘違いしている方がいますので十分に気を付けてください。

またややこしい話で、ワイモバイルのLTEを使ったワイモバイルが提供するモバイルルーターのこともポケットWifiと呼びます。

少し語弊はありますが、「ワイモバイル社がやっているWifi関連のものについてはポケットWifiと呼ぶ」と思っておくといいと思います。

WiMAX2+とは?

WiMAX2+については「WiMAX2+とは?」で詳しく説明していますが、以下でも簡単に説明しておきたいと思います。

WiMAX2+とはUQ WiMAXが提供する高速の通信規格のことです。

昔はWiMAXという通信規格で提供されていましたが、より高速化された通信規格であるWiMAX2+が最近の主流になっています。

よく勘違いしている方がいるのでここで説明しておきますが、WiMAX2+は様々なプロバイダが提供していますが、元をたどれば全てUQ WiMAXが提供している通信になりますので、プロバイダごとに通信速度が異なることはありません。

ポケットWifiとWiMAX2+はどちらがオススメ?

それでは早速ポケットWifiとWiMAX2+の比較をしていきたいと思います。

以下ポケットWifiとWiMAX2+のスペック表になります。

ポケットWifi WiMAX2+ 比較表

それでは1つずつ見ていきたいと思います。

比較①:通信規格・提供元

ポケットWifiの通信規格は4G(LTE)で提供元はワイモバイルになります。

対するWiMAX2+の通信規格は4G(WiMAX2+)で提供元はUQ Communicationsになります。

LTEもWiMAX2+も通信規格こそ違いますが、同じ4Gであるということがわかります。

比較②:値段

ポケットWifiの値段は、5GBだと2,480円、7GBだと3,696円、無制限だと4,380円になります。

対するWiMAX2+の値段は、7GBだと約3,000円、無制限だと約3,500円になります。

くまおくまお

WiMAX2+の方が安いんだね!

ペンドラペンドラ

そうだね!

また、ポケットWifiの無制限(アドバンスモード)については気を付けなければいけない点がありますので、以下で参考までに説明しておきたいと思います。

アドバンスモードとは、ポケットWifiを無制限で速度制限なく使うために必須のモードとなりますが、ポケットWifiの通常モードと比べて以下のようなデメリットがあります。

  • 最大通信速度が下り112.5Mbpsになる
  • 通信範囲が通常モードよりも狭くなる
  • アドバンスモードに対応しているルーターが限られている

 

ポケットWifiのアドバンスモードとWiMAX2+がともに無制限でデータを使えるプランであるのでこれらを比較した場合、値段に加え使用しやすさについてもWiMAX2+に軍配があがることになります。

比較③:通信速度

ポケットWifiの通信速度は下り最大612Mbpsですが、WiMAX2+の通信速度は下り最大708Mbpsなので、WiMAX2+の方が優れていることになります。

ただ、WiMAX2+の場合、auの4G(LTE)通信網も併せて使った場合に出る通信速度であるため、auの4G(LTE)通信網を使わない(=WiMAX2+通信網のみを使用する)場合だと下り最大558Mbpsになってしまいます。

しかし、あくまでも上記の通信速度はベストエフォート時の最大通信速度なので、まず通常使用しているときに上で説明した速度が出ることはありません。

くまおくまお

ベストエフォート時ってどういう時のことを言うの?

ペンドラペンドラ

理論上出る最大の値を採用した時のことだよ!

簡単に言ってしまえば、ベストエフォート時の通信速度が実際に出ることはなく、実際の通信速度についてはほぼ同じ通信速度ということです。

比較④:通信エリア

ポケットWifi、WiMAX2+ともに市街地であれば問題なく通信することができます。

ただし、ポケットWifi、WiMAX2+ともに屋内や地下では電波が入りづらくなってしまいます。

特に地下で使用する場合は圏外になる可能性が高いので気を付けてください。

くまおくまお

地下で使用する際には要注意っと(メモメモ)

比較⑤:契約期間

ポケットWifiの契約期間は3年間になります。

対するWiMAX2+の契約期間は2年間または3年間になります。

期間こそ違えど、ポケットWifiもWiMAX2+も契約解除月以外に解約すると高額な違約金が発生することになりますので気を付けてください。

また、ここからはあくまで僕個人の意見ですが、契約期間は絶対に2年間の方がお得です。

というのも、契約してからの2年の間に通信規制に関するルールが変更になったり、新しいWifiルーターが発売されたりと、通信業界は目まぐるしく変化していくのです。

3年契約にしていると、仮に新しく良い商品が出たとしても、高額な違約金がネックになり中々新しい商品に切り替えることができなくなってしまいます。

これが2年契約であれば、3年契約の時よりも1年早く新しい商品に切り替えることが可能になり、早い段階からより良い商品を使用することができます。

基本的に3年契約の方が通信費が安く設定されているのでお得に感じてしまいますが、乗り換えやすさ等を考慮に入れるのであれば、2年契約があるWiMAX2+を契約したほうが良いといえるでしょう。

まとめ

今回はポケットWifiとWiMAX2+を比較してきました。

今回の比較を通してわかったことと思いますが、WiMAX2+の方が断然おススメです。

もし、モバイルWifiの使用を検討しているのであればぜひWiMAX2+をメインに検討を進めてみてください。

それでは快適なモバイルWifiライフをお送りください!