ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回は家族まとめて乗り換える場合に検討することが多いIIJmio(みおふぉん)とBIGLOBEモバイルを徹底比較していきたいと思います。

IIJmio(みおふぉん)もBIGLOBEモバイルもDocomo回線、au回線双方に対応していることから、どちらの回線を選ぶ場合でも大抵の人は比較検討をすることになると思います。

それぞれに強い点・弱い点がありますので、そのあたりをしっかりと理解したうえで乗り換えると、後悔のない選択ができることと思います。

それでは、早速比較していきましょう!

IIJmio(みおふぉん)とBIGLOBEモバイルはどっちがオススメ?

IIJmio(みおふぉん)の特徴

まずはIIJmio(みおふぉん)の特徴から見ていきましょう。

IIJmioの特徴
  1. 価格は格安SIM(MVNO)の中では平均
  2. 格安SIM(MVNO)の中でも通信速度が安定している
  3. SIMカードを最大で10枚発行できる
  4. データ容量のチャージが可能(3GBまで)
  5. 余ったデータ容量の繰り越しが可能
  6. かけ放題プランが2種類用意されている
  7. みおふぉんダイヤルで通話料を節約可能
  8. Docomo回線とau回線が選択可能
  9. 持込みスマホの端末保証オプションがある
  10. プランが3種類しかない
  11. (音声通話SIMの場合)1年間違約金がかかる
  12. 支払いがクレジットカードのみ
  13. 低速モードにバースト機能がある

 

IIJmio(みおふぉん)の最大の特徴は何といっても、1契約でSIMカードを最大で10枚(音声通話機能付きSIMの場合は最大5枚)まで発行できる点です。

1契約で家族全員分の契約をすることが可能なので、スマホ代を安くすることはもちろんのこと、契約事務手数料も節約することができます。

また、格安SIM(MVNO)の中でも通信速度が安定しているのがIIJmio(みおふぉん)の特徴です。

休日に限っていえば5Mbpsを切ることは基本的にありません。

また、最も通信速度が遅くなる平日の昼間であっても1Mbps程度は通信速度が出ていることから、ネットサーフィン(画像の多いサイトを除く)やLINE等のやり取りであれば問題なく行うことができます。

かけ放題プランは3分間かけ放題と10分間かけ放題の2種類を用意しており、短時間の通話をすることが多いという人のニーズをしっかり汲んでいるのもIIJmio(みおふぉん)の特徴といえるでしょう。

BIGLOBEモバイルの特徴

次にBIGLOBEモバイルの特徴を見ていきましょう。

BIGLOBE モバイルの特徴
  1. 価格は格安SIM(MVNO)の中では平均(6GBプランは安い)
  2. 通信速度は平均的
  3. SIMカードを最大で4枚まで発行できる
  4. データ容量のチャージが可能(1GBまで)
  5. 余ったデータ容量の繰り越しが可能
  6. 通話定額とかけ放題プランがそれぞれ用意されている
  7. BIGLOBE電話で通話料を節約可能
  8. Docomo回線とau回線が選択可能
  9. 持込みスマホの端末保証オプションがある
  10. プランは6種類と平均的
  11. (音声通話SIMの場合)1年間違約金がかかる
  12. データ通信専用SIMの場合は口座振替が利用可能
  13. 低速モードと高速モードの切り替えができない
  14. エンタメフリーオプションに加入すればyoutube等が見放題に
  15. 初月のプラン月額料金が無料

 

BIGLOBEモバイルの最大の特徴は、1契約でSIMカードを最大4枚まで発行できる点です。

また、4枚とも契約と同時に利用開始することができるため、この点は4枚目以降のSIMカードは契約後に追加しなければならないIIJmio(みおふぉん)よりも優れているといえます。

料金プランについても、6GBのプランに限っていえば格安SIM(MVNO)の中でも安い価格帯である点もBIGLOBEモバイルの強みであるといえるでしょう。

さらに、BIGLOBEモバイルではエンタメフリーオプションを用意していて、音声通話SIMの月額代金にプラス480円すれば、youtubeなどのメディアを高速通信で無制限※に見られる点が他の格安SIM(MVNO)にはない大きな特徴といえるでしょう。

つまり、youtubeやApple music、Amazon musicなどを頻繁に利用する人にとってはプラス480円で使い放題になるため、データ容量を消費して見るよりも圧倒的にスマホ代を安くできるのです!

※エンタメフリー機能を使った直近3日間のデータ使用量が6GBを超えた場合には制限あり

IIJmio(みおふぉん)とBIGLOBEモバイルのサービス紹介

続いて格安SIM(MVNO)を検討している多くの人が気にする点、利用料金と通信速度について見ていきたいと思います。

IIJmio(みおふぉん)の利用料金と通信速度

IIJmio(みおふぉん)の利用料金

IIJmio(みおふぉん)の利用料金は格安SIM(MVNO)全体で見ても平均的な値段です。以下に音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の場合の値段を載せたいと思います。

IIJmio 料金プラン
  • ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円
  • ライトスタートプラン(6GB):2,220円
  • ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円

 

利用料金は平均的ですが、IIJmio(みおふぉん)の強みはやはり通信速度が安定している点ではないでしょうか。

通信速度が安定していて、かつ格安SIM(MVNO)の中でも決して利用料金が高くないことから、IIJmio(みおふぉん)を選択している人が多いのだと個人的には思っています。

IIJmio(みおふぉん)の通信速度

IIJmio(みおふぉん)は他の格安SIM(MVNO)と比べ通信速度がとても安定しています。

先ほども述べましたが、休日は5Mbps~15Mbpsの間の通信速度が出ているので、キャリア(Docomo、au、Softbank)から乗り換えたとしても、そこまで通信速度に不満を持つことなく使うことができると思います。

休日の通信速度の計測結果を以下に載せたいと思います。

IIJmio 速度計測結果(休日)

見てのとおり、5Mbps以上の速度が出ていることが確認できると思います。

くまおくまお

確かに5Mbps以上出ているな。ところで平日の昼間はどうなの?

平日の昼間は先ほども説明したように通信速度が最も遅くなる時間帯なので、格安SIM(MVNO)によってはスマホが使い物にならなくなってしまうこともあります。

しかし、IIJmio(みおふぉん)の場合は1Mbps程度の通信速度が確保できていることから、スマホが使い物にならないようなことはありません。

こちらも、速度計測結果を載せておきたいと思います。

IIJMIO 速度計測結果(平日昼間)

見てのとおり、1Mbps前後の通信速度が出ていることがわかると思います。

くまおくまお

IIJmio(みおふぉん)の強みは通信回線の安定性っと(メモメモ)

BIGLOBEモバイルの利用料金と通信速度

次はBIGLOBEモバイルの利用料金と通信速度について説明していきたいと思います。

BIGLOBEモバイルの利用料金

BIGLOBEモバイルの利用料金は平均的なものが多いですが、6GBのプランに限っていえば、格安SIM(MVNO)の中でも安い価格帯に属します。

また、20GB以上の大容量プランは他の格安SIM(MVNO)と比較すると、やや高い価格帯に属しています。

以下に音声通話SIMの料金プランを載せたいと思います。

BIGLOBEモバイル 利用料金
  • 音声通話スタートプラン(1GB):1,400円
  • 3ギガプラン:1,600円
  • 6ギガプラン:2,150円
  • 12ギガプラン:3,400円
  • 20ギガプラン:5,200円
  • 30ギガプラン:7,450円

 

IIJmio(みおふぉん)の料金プランと比較してもわかるように、利用料金は平均的なものが多いことがわかると思います。

利用料金が平均的であるにも関わらず、BIGLOBEモバイルを利用する人が多いのは、通信速度が安定しているからだと考えられます。

BIGLOBEモバイルの通信速度

BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIM(MVNO)の中でも平均的です。

BIGLOBEモバイル利用者の評判を聞いていると、以下のような発言が多かったです。

男性男性

平日の昼間は0.5Mbps前後なので、チャットのやり取りやネットサーフィンはできますが、やはり動画の視聴は難しいです。

女性女性

平日昼間を除いて5Mbps以上出ているので満足です。これからも通信速度が遅くならなければいいのですが…

利用者の評判を聞いている限り、BIGLOBEモバイルの通信速度に対して大きく不満を持っている人は少ないようです。

ただし、中には以下のような評価を下している人もいました。

男性男性

3Mbpsしか速度が出ないなんて使い物になりません。早く乗り換え先を考えないと…

上の方の発言から、人によって求めている通信速度が違うこともはっきりとわかるのではないでしょうか。

IIJmio(みおふぉん)はどういう人にオススメ?

IIJmio(みおふぉん)がオススメなのは以下に該当する人です。

IIJmioがオススメな人
  • 5人での乗り換えを検討している人
  • タブレットなどにもSIMカードを入れる予定の人
  • 10分程度の通話をよくする人
  • IIJmio(みおふぉん)から他の格安SIM(MVNO)へのMNPは考えていない人
  • 低速モード中もバースト機能を使いたい人

 

先ほども説明しましたが、IIJmio(みおふぉん)では家族の契約を1本にまとめることができるのが最大のメリットです。

家族の契約を1本にまとめることにより、家族全員のスマホ代を抑えることができ、かつ家族間のデータのやり取りも作業することなくできますので、IIJmio(みおふぉん)が家族での使用に適した格安SIM(MVNO)であることがわかると思います。

しかも、IIJmio(みおふぉん)の場合、音声通話機能付きSIMを1契約あたり5枚まで発行することができるので、5人家族が乗り換えをする際にはIIJmio(みおふぉん)を利用するとスマホ代を節約することができるでしょう。

IIJmio(みおふぉん)には月額プラス830円で10分までの通話がし放題になるオプションが用意されているため、短時間の電話をすることが多い人にとってはとても魅力的なオプションといえるでしょう。

ただ、IIJmio(みおふぉん)の音声通話機能付きSIM(みおふぉん)は1年以内に解約すると違約金(正式名称:音声通話機能解除調停金)が発生してしまいますので、1年使うかわからない人の場合には注意が必要です。

また、IIJmio(みおふぉん)で契約データ容量を使い切ってしまった場合低速モードに移行するのですが、低速モードでもバースト機能がついていることから、ネットの閲覧程度であれば行うことができます。

ただし、低速モードにも使用量制限があるので注意してください。

 

BIGLOBEモバイルはどういう人にオススメ?

BIGLOBEモバイルがオススメなのは以下に該当する人です。

BIGLOBEモバイルがオススメな人
  • 4人家族でまとめて乗り換えをしたい人
  • タブレット等にSIMカードを入れる予定がない人
  • youtube等の動画を頻繁に見る人
  • 低速モードの使用は考えていない人

 

BIGLOBEモバイルでは、1契約でSIMカードを4枚まで同時発行できるのが最大のメリットです。

IIJmio(みおふぉん)とは異なり、4枚目のSIMカードについても契約と同時に発行することができるので、4人家族でかつ全員が同時に乗り換えをしたい場合にはIIJmio(みおふぉん)よりもオススメといえるでしょう。

また、なんといってもエンタメフリーオプションの存在がBIGLOBEモバイルの大きな特徴といえるでしょう。

youtubeをはじめ、エンタメフリーオプションの対象となっているサービスのユーザーであるなら、BIGLOBEモバイルは最適の格安SIM(MVNO)となり得る可能性が非常に高いです。

ただし、先ほども説明したとおり、エンタメフリーオプションの対象サービスであっても、直近3日間で6GB以上使ってしまった場合には速度制限がかかるので、その点は気を付けてください。

 

まとめ

今回は格安SIM(MVNO)の中でも、1契約で複数枚SIMカードを発行できるIIJmio(みおふぉん)とBIGLOBEモバイルを比較してきました。

それぞれに優れている点、劣っている点がありますので、しっかりと内容を理解したうえで申込みするようにしてください。

それでは快適な格安SIM(MVNO)ライフをお送りください!