ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

ファーウェイ・ジャパンは2018年6月15日にP20を発売することを決定しました。

今回はHUAWEIのP20についてMate10 Proと比べどの程度進化したのかについて、スペックの比較を中心に見ていきたいと思います(本来であれば最上位機種であるP20 Proと比較をするべきなのですが、P20 ProはDocomoからの独占販売となり、SIMフリー版が発売されないため今回はP20とMate10 Proを比較することにしました)。

以下、スペック表になります。

HUAWEI P20 Mate10 Pro スペック表

それでは1つずつ詳しく見ていきたいと思います。

比較①:価格

HUAWEI P20の価格が69,800円であるのに対し、HUAWEI Mate10 Proの価格は89,800円なので、P20の方が2万円安いことになります。

結構大きな価格差になりますので、以下ではMate10 ProがP20に比べ2万円以上の価値があるかどうか頭の片隅に入れて読み進めていくことをおすすめします。

比較②:RAM

HUAWEI P20のRAMが4GBであるのに対し、HUAWEI Mate10 ProのRAMは6GBであるので、Mate10 Proの方が優れています。

しかし、多くの人にとってRAMは4GBあれば十分であることから、わざわざ6GBである必要はないのが正直なところです。

ただ、ゲームアプリなどを同時に複数起動するような人であれば、RAMは6GBあった方が安心なので、Mate10 Proの方が最適なスマホと言えるでしょうか。

くまおくまお

ところでRAMってなんだっけ…?

ペンドラペンドラ

メモリのことで、容量が大きければ大きいほど同時に多くのアプリを起動することができるよ!

つまり、RAMとは簡単に言ってしまえば作業机のようなもので、容量が大きければ大きいほど同時に作業をすることができるのです。

比較③:サイズ&ディスプレイ

HUAWEI P20のサイズが約149.2×70.8×7.65mmであるのに対し、HUAWEI Mate10 Proのサイズは約154.2×74.5×7.9mmなので、P20の方が扱いやすいサイズと言えます。

また、ディスプレイについてはP20が約5.8インチであるのに対し、Mate10 Proは約6.0インチなので、Mate10 Proの方が約0.2インチ大きいことになります。

くまおくまお

P20の方がサイズが小さいのに、そこまでディスプレイのインチ数に差がないのはどうして?

ペンドラペンドラ

P20ではベゼルが大幅に減ったからだよ!

ベゼルとは下図の赤枠部分のことです。

ベゼル 図示

つまり、ベゼルが減れば減るほど、効率的な利用ができているといえるでしょう。

なお、ベゼルが減少した大きな理由は、ディスプレイの縦横比が変わったからです。

P20の方が若干縦長のディスプレイになっていて、Mate10 Proの方が若干横長のディスプレイになっており、表面のベゼルが少ないのはP20になります。

また、最近の流行りはベゼルを狭くした縦長のディスプレイであるため、P20の方がより流行りを追っているともいえるでしょう。

余談ですが、最近はiPhoneXと似たディスプレイの形にするのが流行っているのでしょうか…(Zenfone5といい、P20といい表面はiPhoneXと何ら変わりがありません)。

比較④:重量

HUAWEI P20の重量が約165gであるのに対し、HUAWEI Mate10 Proの重量は約178gであるため、P20の方が約13g軽いことになります。

くまおくまお

13gってどのくらいの重さなんだ?あんまり重くなさそうだけど…

ペンドラペンドラ

スマホにおける13gは結構な違いだよ!

13gと言われると確かに大した重さじゃないように思えますが、常に手に持って操作するスマホであるからこそ、わずかな重さの違いが手のストレスに直結するのです。

ちなみに、13gというと、単3のアルカリ乾電池1本分をほぼ同じ重さになります。

持ちやすさを重視するような人であればP20を選んだ方が良いでしょう。

比較⑤:バッテリー容量

HUAWEI P20のバッテリー容量が3,400mAhの急速充電対応であるのに対し、HUAWEI Mate10 Proのバッテリー容量は4,000mAhの急速充電対応であるのでMate10 Proの方が優れています。

僕自身も4,000mAhのバッテリーを搭載したスマホを使っていた時期がありましたが、ヘビーユーザーでない限り、2日間は充電しないでも問題ありません。

また、ゲームを起動する場合でも、1日であれば朝から夜まで問題なく持ちます。

くまおくまお

ゲーム1日中やっても充電が持つなんてすごいね!

ペンドラペンドラ

そうだね!ポケモンGO程度のゲームであれば1日中やっていても問題ないよ!

少し話はそれますが、HUAWEIのスマホではCPUにKirinが搭載されているため、Snapdragonを搭載しているスマホに比べゲームをやるのには適していません。

ゲームに適したDSDVスマホという意味では、Snapdragon845を搭載しているASUS Zenfone5Zが最もオススメでしょう。

比較⑥:対応バンド(4G)

HUAWEI P20の対応バンド数が17であるのに対し、HUAWEI Mate10 Proの対応バンド数は15なので、P20の方が優れています。

P20の方が優れているとは言っても、両スマホともに日本国内で使ううえで必要なバンド数には対応しているので、国内での使用においては差を感じることはできません。

ただ、海外でも現在のスマホをそのまま使うとなると話は別で、当然対応バンド数が多いP20の方が海外のSIMを入れても通信できる可能性は高まります。

まとめ

今回はファーウェイ・ジャパンから新たに発売されるHUAWEI P20について、同じくHUAWEIのDSDVスマホであるMate10 Proと比較してきました。

以下で僕なりに、HUAWEI P20を買った方が良い人と、HUAWEI Mate10 Proを買った方が良い人をまとめましたので、参考にしてください。

P20を買った方が良い人

  • とにかく最新のスマホを使いたい人
  • 高性能スマホをリーズナブルな価格で使いたい人
  • 持ちやすいスマホを使いたい人
  • 最近流行りのベゼルレスのスマホを使いたい人
  • 海外でもスマホを使う可能性のある人

Mate10 Proを買った方が良い人

  • スマホでゲームを複数同時起動する人
  • スマホでゲームを1日数時間はやっている人
  • 毎日充電をするのが億劫な人

それでは快適なDSDVスマホライフをお送りください!