ペンドラペンドラ

こんにちは!ペンドラです。

今回はBIGLOBEモバイルのデメリットについて説明していきたいと思います。

BIGLOBEモバイルのメリットについては「BIGLOBEモバイルのメリットとは?」で説明していますのでよければご覧ください。

BIGLOBEモバイルのデメリットを挙げると以下のとおりです。

デメリット

  1. キャリアと比べ通信速度が遅い
  2. 音声SIMは1年間解約金がかかる
  3. キャリアメールが使えない
  4. 通話料が高くなる
  5. 低速⇔高速の切り替えができない
  6. 低速モードにバースト機能がない

それでは1つずつ詳しく見ていきたいと思います。

デメリット①:キャリアと比べ通信速度が遅い

通信速度 遅い

1つ目のデメリットとしてキャリア(Docomo、au、Softbank)に比べ通信速度が遅い点が挙げられます。

平日のお昼が最も通信速度の落ちる時間帯ですが、大体0.7M~1.5Mbps程度しか通信速度が出ないようです。

これは、キャリア(Docomo、au、Softbank)の時に10Mbps以上通信速度が出ていたことと比較すれば遅いように感じますが、1Mbps程度通信速度が出ていれば、お昼時の使用としては十分なのかなというのが個人的な感想です。

以下、どのくらいの通信速度でどのくらいのことができるのかを僕個人の感覚でまとめましたので、参考までにご覧ください。

  • ~0.1Mbps:スマホが使い物にならない。
  • 0.1Mbps:LINEのやり取りや画像の少ないサイトを閲覧をする程度であれば問題なくできる。
  • 0.5Mbps:画像が少しだけあるサイトであればスムーズに閲覧ができる。
  • 1Mbps;画像が多めのサイトや、youtubeの動画を中程度の画質であれば見ることができる。
  • 5Mbps:youtubeの動画をきれいな画質で見ることができる。
  • 10Mbps:アプリのダウンロードがスムーズに完了する。
  • 15Mbps~:パソコンでオンラインゲームなどをやらない限り支障は出ない。

 

0.7M~1.5Mbpsというと、画像が多めのサイトやyoutubeの動画中程度の画質であれば閲覧できることになります。

くまおくまお

確かに、お昼時はネットサーフィンがメインだからあまり困ることはないかもな

解消策は?

どうしてもお昼に高速通信をしたい人は、ファストフード店などに設置されているフリーWifiを活用するか、または昼間でも高速通信が可能なWiMAX2+を契約すると平日の昼間でもストレスを溜めることなくネットを使えることと思います。

くまおくまお

ネットの口コミで「高速通信できる」格安SIM(MVNO)をよく見かけるんだけど、その格安SIM(MVNO)に乗り換えるのはダメなの?

ペンドラペンドラ

確かに今は高速通信ができているかもしれないけど、高速通信可能といった口コミが広がることにより、顧客が急激に増え、遅かれ早かれ通信速度は低下していっちゃうんだよ…

具体例を出して話をすると、1年前、LINEモバイルが「平日の昼時でもキャリア(Docomo、au、Softbank)と同等の通信速度を維持できる格安SIM(MVNO)」として人気を博していましたが、顧客が大量に増えたことにより、一時期に比べると通信速度が落ちてきています。

つまり、格安SIM(MVNO)にキャリア(Docomo、au、Softbank)と同等の通信速度を求めるのが間違っているということです。

なお、UQMobileやワイモバイルのようにauやSoftbankのサブブランドとして展開している格安SIM(MVNO)については、他の格安SIM(MVNO)に比べ通信速度が高速でかつ安定していることから、そちらの乗り換えを検討するのも1つの手だと思います(格安SIMの中ではスマホ代が割高なのがネックですが…)。

デメリット②:音声SIMは1年間解約金がかかる

最低利用期間

2つ目のデメリットとして、音声SIMを契約すると1年間は解約金が発生してしまう点が挙げられます。

キャリア(Docomo、au、Softbank)の2年縛りが嫌で格安SIM(MVNO)への乗り換えを検討していた人からすると、「また縛りがあるのか」と落胆してしまいますが、キャリアの縛りとはやや事情が異なりますので、以下でそれを説明したいと思います。

キャリアの2年縛りは無限ループ

キャリア(Docomo、au、Softbank)の2年縛りは、2年間の契約を義務付ける代わりにスマホ代を安くする仕組みです。

2年縛りの大事な点は、2年縛りが終了するとまた新たな2年縛りが開始になる点です。

つまり、キャリア(Docomo、au、Softbank)の契約を続ける限り実質的に2年縛りの無限ループに陥っている形になるのです。

言い換えるなら、解約期間以外に解約をする場合にはもれなく解約金がかかるということです。

BIGLOBEモバイルは最初の1年のみ

対するBIGLOBEモバイルについては、初めの1年間こそ解約金が発生しますが、初めの1年以降は解約金が発生しません。

つまり、15か月目で解約しようが、24か月目で解約しようが解約金が発生することはないのです。

くまおくまお

キャリアの2年縛りとは全然違うんだね

解消策は?

とは言うものの、1年間は解約金がかかってしまいますので、「1年使わずに解約するかもしれない」という人にとっては不安になってしまいます。

大体の方が不安に感じるのは「通信速度が自分の使用方法に耐えうるかどうか」だと思いますので、初めにデータ通信SIMを契約することをオススメします。

データ通信SIMであれば解約期間は実質設けられていませんので、試しで使ってみて、無理そうであればデータ通信SIMを解約し、大丈夫そうであれば音声SIMにタイプを変更すれば良いと思います。

デメリット③:キャリアメールが使えない

mail

3つ目のデメリットとして、キャリア(Docomo、au、Softbank)のメールアドレスがなくなる点が挙げられます。

最近だと、友人間のやり取りはLINEなどが普及していることもありあまり困ることがないと思いますが、キャリア(Docomo、au、Softbank)のメールアドレスがなくなった際に困る点として、会員登録していたサイトのメールが一切届かなくなる点が挙げられます。

くまおくまお

会員登録したサイトから届くメールってお知らせメールが多いから別に届かなくなっても問題ない気がするけど何が問題なの?

ペンドラペンドラ

一番問題になるのはサイトのパスワードを忘れたときなんだよ!

そうなんです。パスワードを忘れたときって、生年月日や秘密の質問を入力したうえで、新しいパスワードが登録されているメールアドレス宛に送られてきます

つまり、パスワードを再発行しても、そのパスワードを確認する手段がなくなってしまうのです!

解消策は?

まず、友人とキャリア(Docomo、au、Softbank)のメールアドレスでやり取りができなくなる点については、フリーメールアドレス(GmailやYahooメールなど)やLINEなどで代用するようにしましょう

なお、「どうしてもメールアドレスを残した状態で格安SIMを使いたい!」という人については、「DSDSスマホを使えばキャリアメール残しで格安SIMが使える!?」を参考にしてください。

次に、パスワードを忘れた場合にメールが届かなくなる点については、キャリア(Docomo、au、Softbank)のメールアドレスを解約する前に、すべてフリーメールアドレスに登録変更するようにしましょう

キャリア(Docomo、au、Softbank)のメールアドレスを解約する前であれば、仮にパスワードを忘れてしまっていたとしても、パスワードの再発行が可能です。

デメリット④:通話料が高くなる?

頭を抱える男性

4つ目のデメリットとして、通話料が高くなってしまう点が挙げられます

BIGLOBEモバイルでは通話30秒あたり20円の料金設定がされていることが多いので、通話時間が長ければ長いほど料金も高くなってしまいます。

ただし、通話をすることがほとんどなかった人からするとこの点はメリットにもなります

つまり、今まで通話をしないのにカケホーダイプランを契約していた人だと、BIGLOBEモバイルの音声SIMに乗り換えることにより、月額1,500円ほど安くすることができます。

解消策は?

くまおくまお

通話をよくする人の場合は格安SIM(MVNO)に乗り換えると高くなっちゃうんだよね?どうにかして通話料を上げない方法はないのかな?

ペンドラペンドラ

通話をよくする人にはDSDSスマホに乗り換える方法があるよ!

通話をすることが多い人の場合、「キャリア(Docomo、au、Softbank)の通話プラン(カケホーダイプラン)」+「BIGLOBEモバイルのデータプラン」をDSDSスマホに差し込めば、BIGLOBEモバイルを使用しながらでも通話料が高くなることを防げます。

このあたりのことについては、「【まとめ】DSDSのメリット・注意点・対応機種をまとめてみた!」で詳しく説明していますので、よければご覧ください。

デメリット⑤:低速⇔高速の切り替えができない

on and off

5つ目のデメリットとして、低速⇔高速の切り替えができない点が挙げられます。

多くの格安SIM(MVNO)で低速⇔高速の切り替えができるので、この点は他の格安SIM(MVNO)と比べても後れを取っているといえるでしょう。

低速⇔高速の切り替えができると、データ容量を節約できる

くまおくまお

どうして低速⇔高速の切り替えが必要なの?わざわざ低速を使う人なんていないと思うけど…

ペンドラペンドラ

低速モードに切り替えると高速通信のデータを消費しないでスマホを使うことができるからだよ!

バースト機能がないと低速モードは使い物にならない

なお、低速モードを使う大前提としてバースト機能が挙げられますが、残念ながらBIGLOBEモバイルにはバースト機能がありません。

くまおくまお

バースト機能ってなんだ?

ペンドラペンドラ

データ読み込み時に、一定のデータ容量を上限に読み込みの初期段階で高速通信が行われる機能のことだよ!

つまり、バースト機能が備わっていれば、一定のデータ容量以下のやり取りを高速モード同様に使えるのです。

BIGLOBEモバイルにバースト機能は付いていない

しかし、残念ながらBIGLOBEモバイルにはバースト機能が備わっていません。

低速⇔高速モードの切り替えもできず、かつバースト機能も備わっていないことから、低速モードをフル活用しようとしている人の場合、BIGLOBEモバイルは向いていないことがわかります。

解決方法は?

残念ながら、BIGLOBEモバイルを利用しつつこの問題を解決する方法はありません。

高速⇔低速の切り替えができ、かつバースト機能も備わっているIIJmio(みおふぉん)mineoへの乗り換えを検討してみましょう。

まとめ

今回はBIGLOBEモバイルのデメリットについて説明してきました。

今回の内容を読み、「これなら乗り換えても問題なさそうだ!」と思ったのであれば本格的にBIGLOBEモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、快適なBIGLOBEモバイルライフをお送りください!